小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

喝!「官の無謬性」が問題だ。

6月27日、佐賀地裁は、諫早湾干拓事業に関する判決で、行政側に堤防水門の開放を命じた。しかし、今日の報道では、事業を進めてきた農水省は判決に納得せず、高等裁判所に控訴の意向であると伝えている。

 「またかよっ?」いつでも、何に関しても、「官」は自ら行いを改めることができない。この事件を今後更に何年もかけて、最高裁まで争うつもりなのか?「官」には、人格が無いから「恥」などあり得ない。にも係わらず「官」に勤める人たちは、行政側の非を認めたり行いを改めることを、「官の恥」だと信じ込んでいる。しかし行政も公務員も所詮、国民の納める税金で雇われ税金を使って仕事をしているに過ぎない。「官」は市民と対立する存在ではなく、むしろこれに奉仕するべきものである。国民に指摘され、訴えられた問題について、行政側が非を認めたり処分を改めることに躊躇する心理が、時代遅れの代物である。

 干拓事業を進める行政と反対する漁民の双方に、それなりの理屈も理由もあるのだろう。同時に、多くの国民は、仮に水門を開ける結末に終わったとしても、「天下国家がひっくり返る」様な問題にはならないことを知っている。そして地元の多くの漁民を納得させられないまま、非常に長期間経過していること自体が、半ば行政側の失政であると認めなければなるまい。
 だいたい、行政訴訟というものは、対等な立場にある「長屋の八つあんと熊さん」の揉め事が法廷に持ち込まれるのとは、わけが違う。国も県も隔て無く、行政機関は最初から全部「官」の味方をする。「法」と「正義」を司る法務省さえ行政訴訟では、優秀なる「虎の子」の訟務検事を繰り出して一方当事者である「官」に加勢をする。裁判所だってどちらかと言えば、「官」に一定の理解を示すものだろう。訴訟を起こす国民からすれば、「オール日本国」を相手に戦わなければならないのだ。そういう「官」にきわめて有利な環境の下で行われる裁判において、まれに裁判官が「官」を諌める判断を下すことがる。そのときくらいは、それを重く受け止めるというのが、国民に奉仕する側の「謙抑性の美徳」というものではないか?
 
 国家賠償訴訟では、原則として公務員個人の責任は認めないこととなっている。公務員に自信を持って職務執行に当たらせる為だと言うのだが、これも「官」の論理からの説明に過ぎない。時には一罰百戒を求める必要性だってあるように思う。他方で、仮に公務員個人には賠償責任が及ばないのだとしたら、尚のこと、「役所」が行った原処分を取り消し・変更することにあくまで抵抗する必要はないと思うのだが?しかし現実には、「官」の側からその点について意識改革が進みそうには見られない。
 
 僕は今、日本の旧い「官」の意識を大きく変える提案を二つしたい。
 
 第一に、法務省が行政訴訟の被告である行政当局に加勢する「訟務検事」を廃止する。被告行政庁は、必要なら部外弁護士を頼んでも、独力で訴訟を争うべきである。基本的に訴訟の両当事者は同じ目線の高さに立つべきである。
 
 第二に、公務員個人についても賠償責任を認めるようにすべきである。原処分の違法・不当だけでなく訴訟引き延ばしの責任も含めて、その時々の行政庁の責任者の個人責任も問い得る様にする。

 この方が、トップの決断によるスピーディでスマートな解決が図られるようになると考える。

廃屋から街の緑を。

 地元をくまなく回っていると、いわゆる町場から村里までいたる所で、放置されたままの家屋が目につく。住宅が多いが、良く見れば商店街の中にもある。山間の集落では、何軒に一軒かの割合で廃屋状態の家が残されている。地方に於いては、過疎化と高齢化がいっそう深刻である。高齢のために医療や介護を必要とする所有者が、自宅を離れて特老ホームなどに移る場合も多い。街の方では、いわゆるシャッター商店街が増えているが、中にはオーナーが退去して無住になったままの店舗も少なくない。こちらは、個人商店からの客離れ、店の跡継ぎがいないなどの背景がある。道路沿いでも、パチンコ屋やガソリンスタンド、自動車ショールームなどの無残な‘残骸’が目立つ。地方に於けるバブル後の土地価格の下落が止まらず、その結果住宅地はなかなか売れないし商業用地では長期間‘塩漬け’という物件も多いのではなかろうか?過疎だ、高齢社会だ、経済格差だと背景事情を論じている間に、ふるさとの景観は確実に劣化を早めている。

 僕は、「朽ち果てた家屋は撤去して跡地はきれいに整備すべきである」と考える。居住や利用の意思が無く放置された建物は、防火、防犯など防災上迷惑な存在である。最近、サルなどの鳥獣被害から村里を守るために、山際の地域では電柵を張り巡らしている。所々で電柵の向こう側にとり残された家屋を見る。無住のためだが、家屋をサルの縄張りの中に残しておけば鳥獣対策上も好ましくない。そして何より景観上のマイナスは図り知れず、周辺全体が元気のない暗いイメージに染まってしまう。国道沿いの街の入り口には‘ゴーストタウン化’したガソリンスタンドが残されている。集落の中には、土壁が半ば崩れ落ちて茅葺き屋根の重さで潰れかかっている民家がある。こうした状態を放置すれば、周囲の住民には、にぎやかさを取り戻そうとする意欲を失わせるし、他所から訪ねてきた人にはその場所で暮らしてみたいという気持ちを減退させる。

 僕の考える土地の地域管理スキームとはこんなもの。予算措置を伴うが、基本的には自治体の条例を作れば実施可能だ。

1.利用予定の無い旧い建物は、保存するか撤去するか市町村役場と相談する。

2.保存する価値のある物件であれば行政は保存のための支援を実施。

3.保存しないものは所有者による解体撤去を求める。費用の一定割合を行政が負担することで整備を促進。

4.経済的事情などで所有者が実施できないときは行政の負担で解体撤去を実行。

5.空き地となった跡地を行政は緑地化。

6.又は、周りの景観との調和に配慮しつつ、前の構造物を生かして太陽光発電などの自然エネルギー施設として利用。

7.不動産にかかる税金を減免。

8.譲渡や相続で土地所有者が替わった場合、緑地として残すか新たな利用をするか新所有者は市町村役場と相談する。

 街並みや村里の景観は、住民みんなの財産だと思う。他方で、未利用地の緑化推進とクリーンエネルギーの最大活用は、環境対策上も社会の責任ではなかろうか?栄華を誇ったレジャー・商業施設が残る道路沿いの地域も、無住の家や店舗も、みんな素敵な‘緑の公園’に生まれ変わらせたい。‘クリーンエネルギーのスタンド’に造り替えたい。新しい地域の活性化を考えるために、こうした政策がどうしても必要だと考える。

クラスター爆弾廃止条約を歓迎!

先日アイルランドで開かれた国際会議で、クラスター爆弾の廃止を定める国際条約がコンセンサスで採択された。日本は、最終段階で条約案の起草に参加する意思決定を行った。これまで国際会議の場で、廃止に関する国際取り決めの議論が行われてきたが、我が国として廃止に向けた明確な決意表明は無かった。政治家になる前4年半にわたって、安全保障担当の総理秘書官を務めた僕は、「国際的な議論の方向を見守る」という対処方針に基づいて、繰り返し国会での総理答弁を作成しなければならなかった。その事にずっと割り切れないものを感じていただけに、今回採択された条約への参加の決定を心から歓迎したい。

 2003年2月8日土曜日、小泉総理のカバン持ちとして、滋賀県饗庭野(あえばの)分屯地に於ける、我が国が保有する最後の対人地雷の処理に立ち会う機会を得た。対人地雷については、イギリス故ダイアナ妃のボランティア活動の姿などをテレビで見ていた僕は、条約義務の履行ではあっても、自ら非人道的兵器を廃絶する我が国の行動に誇りとひそかな感動を覚えた。
  2年後、僕の選挙区となった山梨県南アルプス市で、山梨日立建機の雨宮さんの話を聞いたとき、この感動がよみがえってきた。この方は、採算度外視で対人地雷処理器械の改良を手がけている。器械を売り込むだけでなく、しばしばカンボジアなどの東南アジア現地に赴いて、処理技術の指導に当たっている。危険を顧みず市民に対する危害の除去に努力する彼の姿から、日本人の国際貢献、日本の平和貢献のあり方を感じさせられた。

 あまり知られていないが、今回廃止条約が出来たクラスター爆弾を、これまで我が国は何百個と国内に配備している。防衛省は、外国からの侵略に際して海岸地域での上陸阻止のために使用するものであると説明してきた。しかし、アフガンやイラクなどに於ける戦闘では、軍事的に優勢な側が、局地的抵抗を続けるゲリラや民兵を殲滅するために、彼らが潜むと見られる集落全体を爆破する場合などに使用されている。これだと、その集落に生活する婦女子や高齢者などの一般市民まで被害に巻き込まれる。戦闘が終わった後に不発弾の爆発によって被害に遭うのもわが国の場合にはわが同胞の一般市民である。

 総理秘書官として、何回となくクラスター爆弾に関する政府答弁を準備したが、公務員としては公式見解を繰り返すしかなく、一度もこの矛盾や重大な疑問を公にすることは出来なかった。有権者から負託を受けて国会議員の身分を戴いた今、僕は躊躇することなく河野衆議院議長が代表を務めるクラスター爆弾廃止議員連盟に参加して、廃絶の意義を積極的に訴えた。官僚は行政、政治家は立法を司っており、国民の目から見れば一体として仕事をしているように見えるだろう。自分はその両方を経験しているが両者で大きく異なる点がある。政治家は、一人ひとりが自分の名前と責任の下に行動することが認められるが、官僚は常に政府や所属官庁の名と責任の下に行動することしか許されない。公務員時代の葛藤を思うとき、信念を持って非人道的兵器の廃絶を訴える事ができる国会議員の責任というものをあらためて噛みしめている。

 今後防衛省には、この条約の国内批准を先延しようとするのではなくて、むしろ近々禁止されるクラスター爆弾には依存しない、侵略阻止能力の維持に全力を傾けてもらいたい。そうした目的の新しい兵器の導入や部隊の配備については、自分も政治家として全面的に協力していきたい。他方、外務省には、福田総理ご自身にも働いて頂いて、クラスター爆弾を大量に保有しながら、本条約に不参加の立場をとる、米中などの諸国に対する外交的働きかけに、全力を挙げてもらいたい。国際社会においてクラスター爆弾は「持たない」あるいは、少なくとも「使えない」という常識が定着するまで、我が国が実践によるリーダーシップを発揮するよう強く期待する。

ネット上で意識し合っていた「おのじろう」二人の出会い実現!?

 ネットで「おのじろう」を検索すると、衆議院議員 小野次郎、競馬ジョッキーの小野次郎氏、そしてミシュラン3つ星に輝いた「すきやばし次郎」の小野二郎氏がヒットする。先日、その現代の名工にも選ばれた小野氏にお会いする機会を得た。
すきやばし次郎

「小野サン、寿司握ったり政治やったりで最近忙しいんじゃない?」
「いえ、私は有権者の手は握りますが寿司は握っていません!でも将来は3つ星を目指しています。3つ星の、、3つ星の、、私は3つ星の政治家になりたいんですッ!」

 ヘラルド・トリビューン紙(フランス)の名企画『世界のレストランを選ぶ』で5位にまでなったその職人技は、「宝石のように輝く小さな奇跡」と評される。その努力と信念を見習い、政治家の3つ星目指して頑張ろう。



いつでもサマータイムを。

 夏至も近づき、最近ではだいぶ日が長くなってきました。だからという訳ではないでしょうが、ここへ来て国会内では、我が国にサマータイムを導入しようとする動きが活発になってきました。主として、社会全体の省エネルギーの目的から実現を図ろうとするものであり、具体的には、3月の最終日曜の深夜に1時間時計を進め、10月の最終日曜に1時間時計を戻すという方法です。僕は、かつてフランスに5年間暮らしたことがあり、経験者の立場から、通称サマータイム議連に加盟して活動しています。

 ところで皆さんは、窓に付いているカーテンの3つの機能を区別しているでしょうか?
 外から覗き見られるのを防ぐ機能は、洋の東西を問わないでしょう。寒冷なヨーロッパでは、次に、窓から熱が逃げるのを防いで暖房効果を高める保温機能を重視するでしょう。これに対して、日本では、カーテンの第3の機能である遮光機能に重きを置いているように思います。欧米人と比べて、東向きや南向きの部屋にこだわることが多い日本人にとっては、早朝に陽光で目が覚めてしまうことを避ける目的で、カーテンの機能を考えているように感じます。
 動物として「日出でて起き、日入って憩う」というナチュラルライフが、一番健康的だそうです。日が昇っているのに室内を暗くして寝ているのは、自然に反しているように感じます。だから、サマータイムを導入することによって、省エネだけでなく、日の出の時間以降の生活が、合理的なものになることを期待します。

 これまでサマータイム導入に対する反対は、大略二つありました。まず、夕方の労働時間が延びることへの不安であり、もう一つは春と秋に時計を進めたり戻したりすることに伴う手間や経済的ロスの点でした。特に都会における生活の24時間化が進行している今、サマータイムの導入により、直ちに残業による労働時間の延長には繋がらないでしょう。他方、「半年ごとに時計の針を動かす」ことから生じる手間やロスは、理解できない訳ではありません。

 その意味で、現在のサマータイム構想でも賛成ですが、僕のオリジナルなアイデアは、標準時を通年一時間進めてしまう「いつでもサマータイム」の方です。
 韓国では、明石市よりずっと西に位置しながら、日本と同じ時間を使っています。英国グリニッチよりも、かなり西に位置して朝が遅い筈なのに、スペインやポルトガルでは、英国より1時間時計を進めているフランスやドイツに、標準時を合わせています。僕は国内でも、最も東に位置して朝が早い北海道の札幌と、逆に西に位置して朝が遅い鹿児島の両方に暮らしたことがあります。ヨーロッパと国内各地に住んでみた経験から、我が国のように中緯度にある国では、秋冬で1時間、春夏の期間なら2時間くらい時計を進めてもやっていけると感じます。だから、サマータイム導入をめぐる今後の議論の際に、「時計の針を動かす」ことから来る問題で反対があるようであれば、いっそ、一年中今より1時間時計を進めるという単純な解決策もあるだろうと考える次第です。この方法でも、省エネとナチュラルライフ双方の目的を達することが出来ます。

 いずれにせよ、地球温暖化防止待ったなしの現在、新しいサマータイムの導入が必要となっており、僕としても早期の実現のために、努力してまいります。どうぞ皆さんも応援して下さい。