小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

汚染米事件

汚染米事件はなぜ防げなかったか?

業者はもちろん農水省のお役人からも、「食の安全」は依然として軽んじられている。
食卓に食品が並ぶ以前、役所から業者の手を経る段階で、安全に関するルールやモラルすら守られていない。
最近耳にする「食育」という言葉も、結局は、米の消費拡大によって業界の利益を図ると共に役所の予算獲得の新しい目玉として使われるだけのこと。
今回のような実態を見逃してきた「お上」に、子供たちに何か教えを垂れる資格があるというのか!

「賞味期限」を偽って食品を売っていたこれまでの事件よりも、今回の事件はずっと性質が悪い。
食用に出来ないお米を、それと知って食品用の価格で売り飛ばす行為は、明らかに「詐欺」である。
官、民双方について、民事・刑事・行政の責任追及を徹底すべきである。
この事件を、「官」の無謬性と匿名性の暗闇に葬らせてはならない。

事件が起きると、関連業界と族議員は、「風評被害の防止」の大合唱を始め、役所はこれに誠実に応える。今回も同じパターンになってしまいそうだ。
「風評被害の防止」とは、要するに、同業他社の被る損害を税金で救済するということ。
責任追及は曖昧にされ、一般消費者の安全確保は後回しにされる。
消費者、生活者の利益を二の次にして、生産・流通に関わる一部業界の利益を第一に考える大臣や役人を、国民は税金で雇っておく必要があるのだろうか?

所管業界や出入り業者に対しては、役所の立ち入りが何と手ぬるい事か?
時代劇に出てくる、「越後屋」と「お代官様」の「持ちつ、持たれつ」という関係なのか?
毎月のように立ち入り検査をしていながら、不正が見破れない「専門職員」など、無用である。

「食品安全は厚生労働省の所管で、農水省による検査権限には制約がある」
「汚染米の保管コストが掛かるので早く払い下げる必要があった」
「全国津々浦々まで目を光らせる職員が不足している」などと農水省は説明する。
これでは、“権限くれ”、“予算くれ”、“人をくれ”で「焼け太り」をめざしているとしか国民の目に映らない。

役所の体質にも問題がある。しかし、これに輪をかけて問題なのは無神経な発言を続ける大臣の存在である。
既に辞任を表明したとはいえ、行政の最高責任は依然として現職の総理にある。
大臣を即座に、「黙らせる」か、「辞めさせる」かするべきであろう。
内閣支持率が回復する最後の機会まで、「さじを投げて」見ているつもりだろうか?

今こそ、官僚や業界の手から政治を国民の手に取り戻す信念を持った政治家の登場を、国民は待望しているのではなかろうか?

新たなリーダーに期待する!

  3日午後の両院議員総会で総裁選の日程が決まった。10日に告示・立候補受け付け。22日に「党大会に代わる両院議員総会」を開いて、新総裁を選出の予定。
  前の総選挙から3年の間に、選挙を経ないまま4人目の総理・総裁を選出する異常な事態。まだ、候補者は出そろっていないが、僕は、次の6項目の課題に取り組む強い決意と実行力を持つ人こそ、新たなリーダーにふさわしいと考える。総裁選のプロセスを通じて、各候補者に問題意識を問いかけてみたい。

1. 構造改革の推進(“小さな政府”、“規制改革”)
 「改革を支持する」という、前回総選挙で示された国民の意思に従うのは当然。社会経済の構造改革を進めることは、世界の中の日本として避けて通れない。

2. 官僚支配の打破(“公務員改革”、“ムダ使い撲滅”)
 年金、道路など霞が関各省庁による国民不在の行政に対する不満が、これをコントロールできない与党に対する不信となっている。強大な権限と予算執行を背景にした「天下り」や、「税金の無駄遣い」を止めさせられるか、政治家の存在意義が問われる。

3. タイムリーな景気対策(石油価格高騰関連等)
 財政再建の目標は堅持。期限を切って、対象を絞った景気対策をタイムリーに実施すべき。

4. 「ねじれ国会」下での与野党協調による政治運営
 衆・参で多数派が異なる事態は、次期総選挙後も何年か続く。その状況下でも、政治は国民生活と経済活動に混乱を生じさせてはならない。与野党協調による政治運営を実現するリーダーシップが、国政の最高責任者にもとめられる。

5. 改革・国民政党への脱皮(“世代交代”、“公募制”、“派閥の弊害除去”)
自民党の旧い体質こそ、国民の自民党離れの最大要因。「長老支配」、「世襲制」、「派閥政治」、「族議員政治」を打破して体質の一新を図る必要。

6. 市民の中の自民党の実現(“市民の声を政策へ”、“金のかからない選挙”)
  高齢化の傾向が顕著な党地方組織の若返りと活性化が急務。街頭活動・「草の根」活動を強化。業界、団体に偏ることなく、一般市民の声を吸い上げて国の政策に反映させる機能を持たせる。個人後援会中心の選挙から、党組織による日常的な政治活動を通じて支持・拡大を図るスタイルの選挙に変えていく。

「チェンジ日本、チェンジ自民党」宣言

 あ~、この2年間の政治は一体、何だったのだろう?

 地元の食堂のテレビで福田総理の突然の辞任記者会見を見てから、まだ数時間しか経っていない。永田町でマスコミの情報から影響を受ける前に、今の僕の存念を記しておきたい。

 3年前の総選挙の際、多くの新人候補と同様、僕は前職を捨てて政治の世界に飛び込んだ。「恐れず、ひるまず、とらわれず」の改革を支持するとともに、既得権の上にあぐらをかいて国民の支持を失いかけている自民党を、国民政党に脱皮させることを信じていた。そして、前回の総選挙での国民の審判結果は、明白に「改革を支持する」というものであった。

 「改革のたいまつを燃やし続ける」と言って、新人議員の大半の支持を集めた安倍内閣は、小泉さんから引き継いだ国民の高い支持と期待の「貯金」を、「美しい日本」づくりと「憲法改正問題」に使い果たしてしまった。あからさまに参議院選挙目当てで認めた造反議員の一斉の復党は、国民からは「改革からの後退」と受け取られて、参議院選挙は惨めな敗北に終わった。去年の夏の内閣改造では、改革に専念する内閣ができることを期待したが、結果は、派閥均衡の「旧い自民党」内閣の復活であった。党内には公然と「脱小泉改革」とか、「旧き良き自民党の復活」を叫ぶ人まで現れた。挙句に、改造から間もなくして、安倍総理は政権を投げ出した。

 その後を継いだ福田総理は、党内主要派閥の支持の上に成立した。表向き改革路線堅持を掲げながら、党執行部と内閣内部の復古的風潮を排除する姿は見られなかった。難航した末、やっと先月実行した内閣と党執行部の改造で、僕達の期待はまたもうらぎられ、「反改革、旧い自民党復活」傾向は一層顕著となった。低迷する内閣支持率が一向に改善されなかったのは、当然であろう。しかも、今度は改造一ヶ月で、国会も開かないままあっさり、総理の方から辞任を表明してしまった。

 今のままでは、次期総選挙で自民党に勝ち目はない。そして、新人議員の内で、勝ち残るめどがあるのは、ほんの一握りに過ぎない。前2回の総裁選挙で、僕を含めて多くの新人議員は「勝ち馬に乗る」ような行動をとったものの、結果的に改革への期待は相次いで裏切られた。

 総裁選がまたしても有力者間の「総理のイス」のたらい回しに終わるくらいなら、解散・総選挙の方がずっと分かりやすい。僕たち新人議員は、今度こそ総裁選で自立的な行動を取るべきである。そうしなければ、前回の総選挙で国民が示した「改革支持」の審判結果から道がそれていったまま、自民党は立ち直れないほどの敗北を喫するだろうし、多くの新人議員はうたかたの幻のごとく消え去ることになる。事態がここに至ってもなお「ダンマリを決め込む」ことは、我々に議員バッチを与えてくれた国民の意向を最後まで欺くことにならないだろうか?今回は「死中に活を見いだす」決意で断固たる行動をとるよう同僚議員に呼びかけたい。

 一つだけ、今回評価できることは、福田総理が「開かれた総裁選挙」の実施を幹事長に明確に指示したことだ。永田町の権謀術数の中で、多数派工作に巻き込まれて自分を見失うことなく自分たちが信じる政治のイメージを国民の前に明確に示すべきである。「総理のイス」を狙う候補者の中で誰を推すかを決めることでは済まされない。その意味で、総裁選での勝敗には目もくれずに、新人議員自体の中から総裁候補を出すことが一番純粋で分かりやすい選択である。

 「チェンジ日本、チェンジ自民党」!「ねじれ国会」を前提にして野党側との協調を確保して政策の着実な実現を図ることが急務である。霞ヶ関各省庁の旧い体質を徹底的に正して、「国民の側に立った行政」を実現することを多くの国民は求めている。また順送り人事や派閥均衡など自民党の旧い体質を打破して若々しい国民政党に脱皮させなければ自民党に明日はない。こうした主張を掲げるならば、その旗印の下に党内だけでなく国民の方々からも支持が集まるものと確信する。

プロフィール:カジノ

「おのじろう」プロフィール集

カジノ:

初めてカジノに足を踏み入れたのはフランス留学中に訪れたモナコのモンテ・カルロ。建物も、中の雰囲気も格調が高く、まるで「社交界」にデビューしたような晴れ晴れとした気分がした。1979年のことだから、カジノ歴は30年近くになる。

以後、外国出張や在フランス大使館勤務の際に、いろいろな国のカジノを訪問。ドイツのバーデン・バーデンでは、車椅子の高齢の婦人が500円ほどの小さいお金を賭けて楽しむ微笑ましい姿を見た。オランダのハーグでは、宿泊した高級ホテルの地下にカジノがあり、部屋で我が子を寝かしつけてから夫婦で楽しむことが出来た。

この他、マカオ、カトマンズ(ネパール)、ベオグラード(旧ユーゴ)、ハバロフスク(ロシア)でもカジノに行った経験あり。しかし、一般の生活が貧しく見える中、カジノ周辺の雰囲気はあまり良くない。貴重な外貨を賭けて遊ぶ観光客に対して周囲の厳しい視線が感じられた。これらの場所では、後ろめたさと帰りが少し怖い気がして、結局、早々と切り上げた。

今、地域経済の活性化や財政上の収入増加を目的として、我が国にカジノを導入する議論が国会議員の間で行われている。レジャーとしてのカジノ導入に絶対反対ではないものの、これまでの見聞を踏まえて、健全で周囲の環境に悪い影響を与えないカジノの条件について慎重に検討を進めて貰いたいと思う。