小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

消費税引き上げ法制化(その2)

この問題に対する僕の考えは数日前に記した。1月22日の自民党部会では、新年度の予算関連法案の付則に、「2011年度までに消費税引上げに必要な法制上の措置を講じる」という趣旨の規定を置くことが了承された。実施時期は別に定めることにした「準備と実施の2段階式」だそうである。

大騒ぎした揚句、あいまいな内容の結末になった。ある法律の付則に、将来の(別の)法改正を謳(うた)ってみても、訓示的意味しか持たない。かつて、「将来とも民営化の検討はしない」という法律の規定が存在した。それでも数年後に、別の立法で郵政民営化を実施する際の妨げにはならなかった例もある。

景気回復などの環境が整って、その時点の政府が国民の理解を得ることができれば、消費税の引き上げは可能になる。国会や国民との関係では、予告の規定を前もって置くかどうかは関係ない。

一方で、多くの国民は、節約努力によっても社会福祉関連予算の増加傾向は押し止められない上に、ここ数年間に莫大な景気対策の予算が必要なことも承知している。だから、国家財政の帳尻を合わせるために、いずれ何らかの増税が必要になることも分かっている。

問題は、政府が取り組む努力の「順番」と「方角」。
増税を予告する前に景気回復の見通しを!
増税よりも予算の無駄遣い一掃と「埋蔵金」の活用を!
というのが一般の受け止め方だろう。

今回の顛末は、政府が財務省に、景気対策の大型予算を組む代償(担保)として、将来の財源を差し出しているように見える。かつて、諸藩が再来年の年貢まで質に入れて大阪の米問屋から金を借り、結果、飢饉の被害を大きくした歴史を思い出させる。

次期総選挙で、増税が争点になって自民党が大敗すれば、政権が維持できてもこの問題には手を付けられなくなる。仮に、自民党が下野して誕生する民主党政権にとっては、なおのこと、増税に触れることはタブーになる。付則を置くことに意味があるのは、増税を争点にして選挙を戦って自民党が大勝する場合だけ。だが、僕にはこのシナリオは現実味が感じられない。

増税予告の問題は、選挙の年にはこれ以上扱いづらいテーマ。直感では、あいまいさを残したまま政治的には「お蔵入り」してしまう。結局、財務省はじめ霞が関の官僚に弱い政府・与党の姿と党内対立のイメージが有権者の心に残るだけではなかろうか?

海自の海外派遣は慎重に!

政府は、近々、海上自衛隊の護衛艦について、海上警備行動によるソマリア沖派遣を決めるようだ。自分も国会議員でありながら、軍事力の発動という国家の一大事を報道を見て初めて知るというのも恥ずかしい。それぐらい、開会中の国会でも、永田町界隈でも話題に上っていない。
 
報道が伝えるとおり、現地の海賊対策に協力する目的なら、海上の秩序維持を任務とし、容疑者の逮捕権を有する海上保安庁の巡視船が対応するというのが、筋ではないか?近くを航行する我が国船舶を警護する場合でも、第一次的には、海上保安庁の任務であろう。
 
専守防衛に徹する我が国としては、軍事力の発動は、「慎重のうえにも慎重に」というのが、これまでの基本的姿勢だったと思う。再処理したプルトニウムを輸送する船舶を、遠く、フランスのブルターニュから地球を半周して我が国まで護衛する任務は、武装を強化した大型巡視船に行わせている。マラッカ海峡沿岸国からの要請で、現地海賊対策の支援に出動したのも海上保安庁だった筈。
 
海賊対策の名目とは言いながら、法改正もないのに、いつから、海上軍事力である護衛艦を、世界中のどこへでも出動させることが可能になったのか?それが出来るなら、インド洋に護衛艦を派遣するためのテロ特措法の立法も、元々必要なかったかも知れないと思えてしまう。
 
戦前の大半の軍事行動も、「在留邦人の保護」が当初の名目だったことを忘れてはいけない。外国軍事勢力との本格的戦闘に発展する危険のある軍事力(自衛隊)の発動は、今後とも慎重であるべきだ。
 
国内が深刻な不景気に見舞われ、政局も不安定な時に、政治指導者が、外交で得点を挙げようとするのは、どこの国でも見られる現象だ。しかし、それに軍事力の発動まで伴うことになれば話は別。後世、俗に「火遊びをした」などと指弾されることがないよう、為政者は十分に肝に銘じなければならない。

道路特定財源の一般財源化を進める!

「地域活力基盤創造交付金」って知ってますか?聞き慣れない上に、読み上げるにも舌を噛みそうな長い名前だ。これは、道路特定財源を地方に配る仕組みであったこれまでの「地方道路整備臨時交付金」に代わる新たな交付金(補助金)のこと。

福田内閣で2009年度からの一般財源化が決定されたが、具体的方法については「族議員」の巻き返しが続いている。これまでの臨時交付金の機能を、今後は、名前を変えて規模を約1兆円に拡大した新交付金で対応する。予算の管理はこれまで通り国土交通省道路局に任せ、交付金の使用用途は、道路を中心とした公共事業に大半を当てるという。しかも、法律などで用途を道路建設中心であると限定することにこだわっている。道路族議員としては、「実質は何ら変わりません」と言いたいようだ。

大規模な景気対策が求められる今、結果的に、来年度の予算で大半が公共事業に当てられることになっても構わないと思う。その場合でも「道路」に限定しない方が良い。ブロードバンドなど情報通信網の充実整備などは、道路建設と比べたら極少ない予算で、地域にとって多大な経済効果が期待できる。一般財源化は、地方自治体の判断で、福祉、医療、教育など、生活まわりの予算に回すことを認めるだけのこと。必要とする自治体が交付金を道路建設に当てることを何ら制限するものではない。

僕は、昨年12月、同僚の若手議員とともに、「道路特定財源の一般財源化を抜本的に進める会」を結成した。主張は、煮詰めれば、国土交通官僚の予算上、権限上の既得権を法律や予算の体系中に残してはならないということだ。

予算の無駄遣いにつながる官僚の既得権に対する世論の厳しい目が光っており、法律で新交付金の用途を道路建設などに限定する企ては止められるかもしれない。それでも、実質的に一般財源化を担保するために、宿題が残っている。一つは、新交付金の予算管理を国土交通省から総合調整を担当する内閣府などに移すこと。もう一つは、無駄遣いの根源となった特別会計(社会資本整備特別会計道路勘定)の廃止だ。

「政」と「官」の双方に、新人議員には手ごわい抵抗勢力がはびこっているが、あきらめずに取り組んでいきたい。

天下りの本質

日本を良くするためには、官僚機構による日本支配の仕組みを打ち破らなければならない。自分の所属する役所の予算、権限、人員の確保と拡大に全精力を傾けるのが、官僚機構の本質である。内閣全体のために働くという感覚は極めて薄弱。自分たちの任命権者である大臣や本来の雇い主である国民などは、まったくのお客様としか認識していない。

こうした官僚機構を擁護する外部システムを形成するのが天下りOBの存在である。

「役人上がりにも経営センスのある人がいるから、天下りがすべて悪いとは言えない」という声を聞く。僕に言わせれば、個人の能力を買って経営に迎えるのは「ヘッド・ハンティング」であって、ここでいう天下りではない。天下りは、個々人の能力も人柄も関係なく、所管官庁との結びつきを示すためにその官庁のOBに与えられる指定席である。

天下りを、単なる再就職斡旋と中途「縁故」採用だと思えば、さほど目くじらを立てることもない。しかし、天下りの背景はもっと根深い。多くの場合、役所の工事発注や物資購入などの見返りの意味が隠れている。突き詰めればタダではなくて、国民の税金でOB処遇の経費が賄われている訳で、官僚機構による税金の無駄遣いの原因ともなっている。

また、官僚の先輩後輩の関係は連綿として途切れることはない。後輩の現役官僚は、天下りOBからの陳情に対しては、近未来の自分に対する利益供与のつもりで、特別に便宜を図ってあげる。
 
役所の側から見れば、天下りOBは大変役に立つ存在である。所管業界からの情報収集役や、族議員を「養う」ためのパーティ券や政治献金の斡旋係などを務めてくれる。人によっては、「官製談合」の仕切り役まで買って出る。

いわゆる「渡り」の場合を含めて、天下りは、こうした官僚機構の権益の構造について、生涯にわたる「配当」と「口止め料」の意味を持っている。実際、官僚OBで出身官庁の体質を批判する者はなかなか出現しない。最近、「脱藩官僚」という言葉を耳にするが、官僚機構に自己批判を加えることは、「脱藩」するくらい周囲から白い眼で見られることを示している。

キャリアの場合、同期生から局長が出る頃には、残りは辞めなければならない。天下りは、早期退職を受け入れる代償の意味を持っているから、早期退職を前提する限り、天下りの根絶は難しい。

僕は、民間同様に、後輩の上司の下で働くことや給与が下がってスタッフ職として働き続けるコースを当たり前にしてしまうことが急務と考える。そうなれば、定年後に、民間で働くことになる場合でも、最早、天下りの本質である、所管官庁との強い結びつきを体現するシンボルにはなり得ないからだ。官僚機構の意識改革が求められる。

消費税引き上げ法制化に反対!

政府は、2011年度から消費税を引き上げることを、2009年度予算関連法律案の中で明記する方針だという。政治家として世間の状況を見渡す限り、「なぜ今、法制化なのか」、開いた口がふさがらないとしか言いようがない。

一般社会は、既に厳しい不景気に苦しんでいる上に、今後、さらに経済状況が深刻化する不安に怯えている。こんな時、政府の政策は、経済活動の活性化を促し、消費者の消費意欲を刺激する点に集中する必要がある。政府は、この不景気も3年が一区切りだと説明している。それでも、底を打つその年から増税することを今の時点で宣言すれば、景気回復の機運に冷や水を浴びせることになる。あの定額交付金の発想とだって相反する方向の政策だ。

未曽有の不景気の中、景気対策のための財政出動に加えて、福祉予算の増加傾向も止めることは難しい。いずれ、消費税などの増税によってこれを賄わなければ財政の「帳尻が合わない」ことは明らかである。

しかし、増税の前に、国民が真っ先に求めているのは、官僚組織による長年にわたる膨大な税金の無駄遣いの仕組みをなくすことではないか?依然として、国会による監視も行き届かない官僚機構の裏に隠されている「霞が関埋蔵金」の全容は明らかになっていない。

今回の消費税増税法制化の発想は、政府が、霞が関官僚組織との全面対決を回避して、物言えぬ一般国民の方に更なる負担を求めるものだ。「今」というタイミングに着目すれば、政府自体が、景気対策の財政出動と消費税引き上げの「抱き合わせ販売」を条件とする財務省の言いなりになって動いているように見える。

この点が総選挙の最大争点になって自民党が敗れることになれば、消費税引き上げの議論自体、与野党を問わず何年間も封印せざるを得なくなってしまう。総選挙を控えた今年、政治的意味でも、僕はこの問題を争点にするのは望ましくないと考える。大所、高所からの総理の英断を期待する。

定額給付金、2兆円の配り方

2008年度第二次補正予算案は、1月13日衆議院本会議で、野党議員退席の中、与党議員の賛成で可決され、参議院に送られた。さまざまな緊急景気対策を盛り込んだ予算案だが、総額2兆円の定額給付のことだけが注目を引いている。民主党らは、定額給付金の予算を切り離せば、他の緊急景気対策には賛成する姿勢だったが、与党側は切り離しを拒否。

今後、野党が多数を占める参議院では、切り離した予算修正案を可決する可能性が高い。政府は、切り離し修正を受け入れるか、関連法律に関して3分の2の再議決を使ってでも原案のまま成立させるか、改めて決断を求められる。その時期は、2月末から3月上旬だろう。

この定額給付金について世論の評価は低い。「大きな予算をもっと別の有効な施策に当てたらどうだろう?」受け取りを拒否するまでの意見は希だが、経済対策・景気対策としての効果がほとんど評価されていない。15日には、政府に委嘱された財政制度審議会までが、定額給付金の撤回と使途見直しが必要であるとの認識を公表した。

政治は、「ねじれ国会」の下でも国民の為に具体的成果を上げなければならない。今こそ、与野党は、歩み寄るべきだ。料亭で「政局」に関する駆け引きや陰謀をめぐらすより、国会で堂々と「政策」に関する与野党協議を活発化させる方が国民の利益にかなう。僕は、政府が、給付金予算を切り離し、他の緊急景気対策を一刻も早く成立させ、施行する手際良さを期待する。この妥協は挫折ではなく、むしろ、政府の政策運営能力に対する評価を高める。

他方、現実に、何らかの国民への還元策を待ち望んでいる向きも多い。総額2兆円の定額給付金予算について、僕は、一人1万2千円の計算で人口に従い全国の市町村に配分し、その使い途は自治体ごとに決めることにすれば良いと考える。給付金や地域振興券による定額還元のほか、地元の具体的な経済・社会状況にしたがい、それ以外の福祉、雇用、医療、教育などに充てることが出来るようにする。こうすれば、給付事務手続に伴う自治体の負担の問題も国は考えなくて良い。手際良く進めれば支持率アップにつながる可能性もあり、政府の英断を是非とも、期待したい。

KYな政治防止策。閣議を多数決制に!

政府の政策や総理の言動が「究極のKY(空気が読めない)だ」などと酷評されるのは、与党議員としてしのび難い。一方で、自分自身が総理秘書官を務めた身として、麻生総理の秘書官や補佐官など取り巻きに対して、もっとしっかり支えて貰いたいと期待する想いはある。しかし、彼らは所詮、「黒子(くろこ)」に過ぎない。政治の表に出られないし、個人として責任も負うことも出来ない。

国の統治機構として、「KY」の政策や言動を防止するためには、内閣の機能活性化しかない。慣習としての閣議の全会一致制がそれを妨げているように思う。言葉の聞こえは良いが、毎回わずか15分程度の閣議で、20人近くもいる閣議メンバーの意思統一が図られることは難しい。総理から全大臣に意見を求める「場」も「間」も存在しない。

内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負う(憲法66条第3項)この規定が現状を説明する根拠とされる。確かに、主管の大臣が、最終的に任命権者でありボスでもある総理の方針に異論を唱えることが出来ないのは当然である。しかし、現状では各大臣が自分の意見を述べる場が保証されていない。目をつぶって判を押させておいて「連帯保証人」を押し付けるようなものだ。合議体としての内閣は体裁だけの存在になっている。

我が国の金融・通貨対策を所管する日銀政策委員会では、長時間議論した上に、金利引き下げなど金融危機対策を多数決で決定している。賛否同数に分かれて、日銀総裁が最終決断を下す場もあった。司法の世界では、最高裁でも裁判官による多数決制がとられている。判決には、常に、全裁判官の少数意見・補足意見が付されている。

内閣の意思決定は、閣議メンバー中ただ一人、国会の指名という形で信任を受ける総理大臣が中心でなければならない。僕は、「閣議は、総理を含む過半数の大臣の賛成で決する。」とするのが正しいと思う。少数意見や補足意見も公表できるようにすれば良い。もし、過半数の大臣が賛成しなかったら、どうなるか?総理は、反対派の大臣を更迭することも出来るが、原案を撤回するか総理の方が辞職する選択肢もある。こんなシステムにすれば、KY政治はかなり予防できるのではなかろうか?

分かっちゃいないね、「集団的自衛権」

テレビで、ビートたけしらのタレント、評論家と各政党所属の国会議員が田母神前空幕長をゲストに迎えて、集団的自衛権と憲法改正の要否について激しく言い合っている姿を見た。テーマがテーマだから、参加者によって基本的な立場が異なるのは分かる。しかし,極端な設例を挙げて集団的自衛権の必要性を自明の理のように説くのは見逃せない。

個別的であれ、集団的であれ、「自衛権」とは国家レベルでの戦争開始の正当性に関する議論。集団的自衛権の典型的なケースは、同盟国が地球上のどこかで侵略を受けた場合に、我が国にとって何ら脅威になっていなくても、その侵略を自国に対する侵害と見なして戦争を開始すること。このケースを挙げれば、多くの日本国民は集団的自衛権に対して慎重な考え方になるだろう。

現場で、傍らの同盟国軍に対する攻撃に対して、我が自衛隊が武器を使用して反撃できるかどうかは、あくまで、個人における「正当防衛」「緊急避難」と同じレベルの議論。この場合、今そこにある共同の脅威、危険を取り除くために、正当防衛的に反撃することは可能である。それと、集団的自衛権の発動によってこの侵略勢力に対して国家として戦争を開始することとは次元が異なる。戦争がひとたび開始されてしまえば、目の前で攻撃や侵略が行われているかどうかに関わらず、武器使用は、国の上層部からの命令の執行によって行われる。

現在の安保条約においてもアメリカ側は、日本に対する侵略から我が国を守る義務を負っている。問題は、我が国にとって一方的に有利な規定になっている点。今、「集団的自衛権」の議論を好む向きは、アメリカ側にとって不利な現在の安保条約を「公平な?」双務的規定振りに改めようとしている。しかし、強国の軍事力に依存して自国の安全を確保する国にとって、集団的自衛権は、「権利」というより見返りの「義務」というべきもの。戦争に巻き込まれやすい国との間で集団的自衛権の約定を結べば、リスクも格段に拡大することを覚悟しなければならない。

HPもブログもオールリニューアル!

2008年12月25日クリスマスの日に、僕のホームページとブログが、ようやく一新されました。携帯サイトには、QRコードから入れます。メルマガ登録も受けるようにしました。

HPは、トップページで、見てくれる人へ小野から発信する内容と、小野や事務所に対する皆様のメッセージとに大別しました。早くも、トップページの背景の色が黒くて暗いイメージ、などの指摘を頂戴しています。しかし、小野の政治理念は、あらゆる世の中の不条理や不公正、不公平を正すことです。混沌とした世相の中、「日本の危機に挑む」政治家は、トップページから歯を見せて大笑いできる状況ではありません。厳しく現実を直視する眼、真実を見極める眼を忘れずに政治活動に取り組みます。

ブログの名称が、以前から、実在の芸人さん(つぶやきシロー)の名前をパクッていると指摘されていました。大下英治さんの「官邸の深層 総理秘書官小野次郎」を読んだ方はお分かりになると思いますが、ブログを始める前から僕の周辺では使われていたのです。それでもパクリ気味なのは事実だし、同名のブログが沢山存在することが分かったため、今回、「ジローのおしゃべりサロン」に変更しました。長い間、使わせていただいた元の名前、つぶやきシローさんとはお目にかかったこともない関係だけど、今となれば何かお世話になった気がしてます。お元気でご活躍を祈ります。

ホームページもブログも、見に来てくれる皆様との双方向での交流があって充実するものだと思っています。小野本人・スタッフ共々、改善を続けていきますので、システム、デザイン、コンテンツ、何なりとアドバイスして下さい。宜しくお願いします。 主謹白