小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

栃木の「刺客」ばなし

離党した渡辺喜美代議士の選挙区に、自民党が「刺客」候補を擁立する話が出てきた。造反議員の選挙区に自民党公認の候補を立てて戦い、大勝に導いた4年前の郵政選挙の前例にあやかる魂胆であろうか。

僕自身、前回は「刺客候補」と呼ばれたが、自民党には「改革を止めるな」という大義名分があった。しかし、今回は自民党全体にマイナス効果を与える「ダメ作戦」だと思われる。

政治の現状に渡辺代議士と同じ疑問や憤りを感じる国民は、自民党議員、党支持者を含めて甚だ多い。もう少し党内に留まり、霞ヶ関の官僚による日本支配の打破のために粘り強く戦うべきであったと言うのが、彼に対する相場観だろう。

党内の抵抗勢力や旧い体質が息を吹き返す中、公に約束した政策でも、直ぐ訂正したり、ブレてしまうところに国民は失望している。その上、世間の憤りが読めず、逆なでするようなことを無神経に口にするから、世の人々は、呆れ返ってしまう。最近の政府与党の不人気は、決して世界的な不景気のせいではない。

栃木の「刺客」擁立ばなしは、「改革」から後戻りする自民党のイメージを全国的に宣伝するだけのこと。イメージダウンによる目減りを数パーセントとみると、この全国的な逆風の中、小選挙区・ブロック比例の双方で、多くの候補者が被害をこうむることになろう。栃木でのことだからと我々同僚議員が知らんぷりして済む問題ではない。

最近では、自民党の現状をタイタニック号に例えて、このまま危機を克服できず、沈没に向かっていると心配する向きも多い。こんな時に、国民があきれて、船を乗り換える決断のとどめをさすような「刺客」擁立は、思いとどまるべきである。

僕の親戚、太蔵君

ごく最近、僕と杉村太蔵議員が親戚だということが判明した。地元に父の従妹の夫がいる。事務所の近くに住んでいて、高齢にもかかわらず何かと選挙準備を手伝ってくれている。
この間、いつものように事務所に立ち寄った彼が、お茶のみ話でオモシロイ話を始めた。

「そういえば杉村太蔵君、どうしてる?4年前の当選直後に、県内に住む太蔵君の親戚に行き会ったことがあって、話しているうちに、オレの従妹が太蔵君の大伯母(大伯父の妻)にあたることが判ったんだよ。」

「え~!」
「それじゃあ、代議士と太蔵君は親戚ということけぇ?」
初めて聞いたこの話に僕はもちろん、事務所内はおおいに沸いた。

杉村議員の当選後、僕が霞ヶ関の各省庁に顔が広いということで、しばらく“相談係”を引き受けたことがある。一時は新聞等で僕が杉村議員の“後見役”と噂されるほどだったが、総裁選での行動で、その後は何となく行き来が少なくなっていた。

親類だと分かればあらためて他人事ではない!

最年少の杉村議員は「自民党若返り」のシンボル的な存在である。次期総選挙でも自民党を勝利に導くような「太蔵君」の大活躍を期待せずにはいられない。

小沢代表辞任に思う

小沢民主党代表の辞任記者会見をテレビで見た。「決断が遅い、認識が甘い」というのが、僕の率直な印象である。

辞めるのは「党代表」のポストだけであって、「離党」や「議員辞職」は考えたこともないと、力を込めていた。公設秘書逮捕から既に2か月、フレッシュさとクリーンさが売りの民主党のイメージをどれくらい失墜させたかご本人は深刻に感じていない。

3月中旬以降の「なぎ」状態の政治を、「辞めない一郎、降りない太郎」政局と評する評論家がいる。世間一般に映る自分の姿を、トップはなかなか分からない。昨日の会見を見る限り、小沢氏も、代表を辞めないで済むと最近まで考えていたように感じられる。

総選挙を控えているのに、党首とのツーショット写真をポスターに使う議員は、自・民どちらも「まれ」である。各議員は、党首のイメージでいっしょくたに地元有権者から評価されたくないのである。

「辞めない一郎」が辞めることになった。次の党代表は誰になるのか、正直、気になる。当初から代表辞任が適当という世間一般の見方を、率直に口にすることが出来た民主党議員は数えるほどである。小沢氏の影響力を引き続き頼りにする新執行部であれば、国民はすぐにそれを見抜いてしまうから、イメージの回復にはつながらないであろう。

他方、小沢氏から距離を置いて、清新なイメージの回復を天命と考える新代表が誕生したら、企業献金の廃止、世襲制の制限などの課題について、速やかに、民主党としての政策を打ち出してくるだろう。与党自民党の側は、再び厳しい状況に追い込まれる。

2007年の参議院選挙前、「膨大な光熱・水道代」とか「5万円以上の領収書」が問題になったとき、自民党は政治資金規正法の改正を打ち出すことが出来ず、これが大敗北の一因となった。

派閥均衡と長老支配が前提の党内議論でお茶を濁さず、党として国民に対する明確なアピールが必要である。党内若手議員グループからは、政治改革の具体的な提言がいくつも党本部に提出されている。執行部は、世論の眼の前で、相手方に勝るリーダーシップを発揮しなければならない。
 
篠田陽介議員(愛知1区)、平将明議員(東京4区)、牧原秀樹議員(埼玉5区)、山内康一議員(神奈川9区)と僕のことを、「若手元気5人組」と呼ぶ先輩議員がいる。党内から改革を求める我々を、「若いな」と冷やかに見る向きも多いが、「イチロー、タロー何するものゾ、俺はジローだ!」の意気込みで今後も頑張りたい。

「同姓同名」

「ヤフー」でも「グーグル」でも、「小野次郎」で検索すると、政治関連以外の多数の情報がヒットする。僕の情報だけでないことは以前から認識していたが、この現象の原因についてだんだん状況がつかめてきた。
同姓同名は世の中に数多くいるのだろうが、僕の場合、ネットでの同姓同名が、少なくとも4人確認される。

小野二郎(「すきやばし次郎」寿司の名人)
小野次郎(中央競馬会の騎手)
小野次郎(佐賀県嬉野町の陶芸家)、
更に歴史上の人物として
小野次郎右衛門(小野派一刀流始祖)

お寿司の世界で、ミシュランの3つ星にも上げられた小野さんは、本名は「二郎」だが、お店の名前には「次郎」の方を使っている。一度だけ、友人夫妻と「すきやばし次郎」に名人のお寿司を食べに行き、本人に挨拶したことがある。「ネットでは代議士の名前が上に出て来ますね」と、弟子の方が言っていた。本人も僕の存在を意識していたようだ。

騎手の小野さんは、まだ若いが、多くのレースに出ているためにヒットする情報量は同名の中でも断トツ。たまたま、競馬ファンの個人ブログに、「今日は自分のブログにいつもの10倍ものアクセスがあった。政治家の小野次郎の方に何かあったのかもしれない」という趣旨のコメントを見つけた。「迷子」アクセスで迷惑をかける面もあるだろうが、僕の方も自然と彼の戦績を見る機会が多くなっている。今では、「小野次郎騎手」に親近感を感じて応援している。

陶芸家の小野さんは、プロフィールを見たら「1953年生れ」まで同じである。ネット上の画像で作品を見ているが、近くで個展でもあれば本物を見に行きたい。

小野派一刀流の始祖は、氏名の最初の4文字が同一なので、検索的には同姓同名になってしまう。歴史に残る剣豪だけに現在でも関連情報は多い。親戚関係はないものの、僕が政治の世界で「武骨」だとか「剛直」のイメージで見られる背景には、この名前の知名度が潜在的に影響しているかもしれない。

「すきやばし次郎」の小野さん以外のお二人にはお会いしたことがない。今考えているのは、現存する4人の「小野次郎」が一堂に会することである。次期総選挙の試練を無事克服できたら、第1回「次郎会」開催の音頭取りをしたい。

訳が分からないけど、嬉しい珍現象

最近、「政治家ブログ・アクセスランキング」(リスミー)で、この「おしゃべりサロン」の人気が急上昇している。

ここ数日は、世界美人女性政治家ランキングでトップになった藤川ゆり八戸市議の「いちご煮日記」と、4位、5位あたりを争う形勢になっている。ちなみに第1位は、東国原宮崎県知事の「そのまんま日記」が指定席の状態。

「おしゃべりサロン」の健闘は、すべて、今、このページを見てくれている貴方のおかげであり、感謝している。

ただ、僕にはもう一つ「小野次郎ホームページ」(http://www.onojiro.jp)というのがある。サロンは、その時折の個人的な想いを綴っているのに対して、HPの方には、マニフェスト、国会活動、行事日程など公的な活動の記録が中心である。

「おしゃべり」だけでなくて、日々、国会でも地元でも地道な政治活動を続ける姿の方も、たまには見に行ってくれると嬉しい。

やまなし珍百景

4年前に議員になった直後から、前を通るたびに気になって仕方がない店がある。その店は、甲府駅南口のロータリーから300mほど下った右側にある食堂で、その名は「総理屋」!政治家なら、まずその珍しい店名に惹かれてしまう。何か特別な料理でも出てくるのか、また名前の由来はどこから来るのか・・・

ラーメン、カレー、焼肉定食等のメニューには、店の名をうかがわせるものは無い。
店は、年配の女性と息子さんと思われる男性の二人でやっている。女性は、大阪で修行していた祖父(先々代)が、なぜか店を持つ時にはこの名前にしようとひらめいたと聞いている。
一方、息子と思われる男性は、祖父が店を開く時、中華も和食も洋食も出す店という意味で、「総合料理屋」を縮めて「総理屋」になったと信じている。

昨夜(30日)夕食を一緒した小泉元総理に、変わった名前の店の話をしたら、「本当かね~」と、細い眼をさらに細くして面白がっていた。

ユニークな店名も気にかけない、ぼくとつとした二人の姿を見ていると、僕は、いつの日か「総理大臣」にこの店のラーメンでも食べてもらって、文字通りの「総理屋」にしてあげたいものだと密かに思う。