小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

前原国交大臣に『喝!』

 大臣に就任した途端に、八ツ場(やんば)ダム及び川辺川ダムの建設中止を打ち出した。中止の発表に、地元は猛烈に反発。現地を視察して地元関係者の反対にあっても、大臣は建設中止の方針を変えない。そればかりか、自分で決めた「中止の方針」を撤回できないことについて、地元の方々に陳謝。更には、公共事業の計画中止の際の補償に関する法律を作って、建設と原状復元に伴って関係者が被る損害を補償する方針であると言い始めた。
 
大臣とはマニフェストのままに実行するだけの存在なのか?

 嗚呼、何たることか。「偽メール事件」の際の教訓を、彼は学習していない。あの事件では、永田氏の軽率さだけではなく、党首である前原氏自身の危機管理能力の欠如が明らかになった。彼は、
 主張<反論<弁解
と論争がしだいにエスカレートする際に、結論を所与のものと予断するために熱くなって「競り上げ」に乗りやすい。政治のリーダーとしては致命的な欠陥かもしれない。

 残りの工事を完成させる費用と中止して原状に復元する費用とを、単純に比較ができるものではなく、このままでは必要な予算規模も何倍にも「競り上がって」しまう。関係者への補償と言っても、要件や手続きを定めた法律が成立した後、個々の計画について、関係者からの意見聴取やアセスメントなどの手続きを進めて行かなければならない。当然、個々の当事者の中には、補償の額について裁判で争う人も出てくるだろう。

 見直しを進める全国143か所の計画中のダムについての見直しを終了し、中止の案件について復元と補償に関する法的処理を済ませるのに、いったい何年かかるのか分からない。しかも、その間に再び政権交代が起こる可能性も排除されない。新政権によって計画の「建設中止の撤回」の方針が示されたら、建設現場や当事者の権利関係はどうなるのか。凍結が続いて完成が遅れている箇所や、中止が決まっていても復元や補償が終わっていない中途半端な状態に置かれた現場では、パニックが起きてしまう。

 行政の長である大臣の立場が良く分かっていない前原氏に、「喝!」を一つ献じたい。暮れの予算編成から来年以降の国会審議がどうなるか、今から心配である。

自民党総裁選 ―今、リーダーに期待すること―

 これまで議員として総裁選会場で投票してきたが、今回は、地元山梨の自民党県連から届いた返信用ハガキで投票した。

 同じ党内で議員一人一人にまで、「一本釣り」や「引き剥がし」などの働きかけが行われる永田町の総裁選には閉口していた。今回は、それぞれの陣営から働きかけを受ける事がなくなり、自分だけで判断することが出来たので、すがすがしい気分だ。国会議員による投票は止めて、党員投票に一本化した方が良い。そうすれば、党の民主化、党改革につながる。

 ところで、今回の僕の党首選考基準を上げてみる。
1.党内だけでなく全国民に対して強い発信力のある人
2.政治姿勢がブレない人
3.派閥や長老の横ヤリに屈しない人

 自民党が野党に転じた今、リーダーに求められる条件は与党時代とは180度異なる。政権奪還を目指して反転攻勢に出ることであり、過去の経歴などで「順当な」リーダーを選んでいたら、万年野党の座に甘んじてしまうことになる。

 8年前、内閣支持率がひとケタに低下した時、「自民党をぶっ壊す」と叫んで、国民的支持を取り戻した人がいた。しかし、その後継者たちは、派閥や長老の意向に沿って再び自民党の旧い体質に立ち戻ろうとして結局、政権自体を手放す事態になった。

 国民は、個々の政策に対する評価で自民党を見捨てたわけではない。政権にあぐらをかいて、いつまでも官僚機構や特定の業界に依存する党の「体質」に多くの国民は愛想を尽かしたと、僕は感じる。
政策立案から党組織、広報、党内人事まで、今までのしがらみを「ぶっ壊す」意気込みで取り組む人を新しい党のリーダーに押し上げなければならない。

 どの候補も党の再生を第一に訴えていて違いがよく分からない。はっきりしているのは、派閥のボスや長老議員の多くが推す方が総裁に選ばれてしまったら、自民党は何にも変わらないということである。


「小野次郎、再起動!」

 衆議院選挙で惨敗してから3週間。選挙区で、そして全国から僕を支持・支援してくれた方々に心からお礼を申し上げると共に、期待に添えなかった自分の不明をお詫びする。家内と共に選挙区内の支持者への挨拶回りに明け暮れているが、今のペースでは来月一杯くらいは掛かりそう。

 今回の選挙では、自民党が国民から愛想を尽かされた。経済社会の閉そく状況を打破し変革を求める国民のエネルギーは、「政権交代」を掲げる民主党に向かった。また個人的には、一期4年間の議員活動を通じて、まだ自分という存在が地元に溶け込めていなかった結果でもある。

 人と会っていても、こちらは自分に対する印象を聞き出したいのに、僕が口を開いて話し始めるのを辛抱強く待っている。僕がこれからどうするつもりか、それによって地元の方々との「関係」「付き合い」のあり方自体が大きく規定される。本人からの発信を、地元全体が「息を呑んで」見守っているということがうかがえる。

 たった一回の敗北で、政治家としての志を捨て去る事は出来ない。新内閣や自民党総裁選に関するニュースを見ていても「自分なら党派を超えてもっと国家・国民そして地元の為に大きく役に立てる」という意欲と自信が湧いてくる。この思いが続く限り、私はギブアップしない。

 当面、これまでの事務所を維持し、秘書を一人置く。捲土重来を期して、地元北杜市にこのまま住み続ける。自分の生活基盤の確立は、走りながら並行して解決を図るしかない。これからは家内の協力にも頼らざるを得ない。

 選挙後、街で眼が合った方から声を掛けられる事が増えてきている。今、自分にとって一番大切なことは、地元の多くの方と個別に接してお話を聞かせてもらうこと。中古の小型車を購入して、自分でも運転を始めた。スタンド式のスピーカーを持参して、街から街へ多くの方々に話しかけていきたい。そして「貴方の悩み、要望、相談、何でもお聞かせ下さい。どこへでも出前(出張)致します」という〈小野よろず相談室(仮称)〉でも始めよう。

 これからは地元で過ごす時間が格段にできた分だけ、幅広く仲間との会話や議論に当てたい。まったく違ったやり方で2度の選挙を戦い、選挙区で勝つことが出来なかった。今度こそ、「お仕着せ」や過去のしがらみに流されることなく、人の話をよく聞くと共に一つ一つの問題に自分自身で判断していく。日常活動から選挙準備まで、心から納得できる仕事の進め方で「小野次郎らしい」スタイルを確立し、次回の必勝戦略としたい。

 小野次郎、再起動!ブログも再開!

 地元での日常活動の報告に加えて、時局テーマについて、各党派の思わくや目先の政局に捕らわれずに問題の本質を看破するコメントを書きたい。