小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

闇鍋(やみなべ)

 古巣の自民党では、参議院選挙の追加の候補者決定に手間取っている。

 世代交代や衆議院からの転進について議論があるからだが、総裁は『勝てる候補』かどうかを判断基準にしていると言う。総選挙前にも復党議員がいる選挙区では同じ基準を口実に公認候補の選別が行われた。3年前には「参議院選挙を有利にするため」との理由から十数名の離党議員の復党を認めた。総裁が「お帰りなさい」と涙を浮かべながら迎え入れたシーンを覚えている向きは多いと思う。しかし、結果はいずれの選挙も歴史的な敗北だった。

 元々政党は、政治路線を共有する同志の集まりである。候補者の擁立も、党が必要とする人材への支持を有権者にお願いするということではないのか?

 これに対して「勝てる候補」という基準は、政党の責任で選定することを回避して、無難な方を選ぶと言っているだけのこと。与党であれば、路線が違っても権力を共有する一点でまとまるかもしれない。しかし、野党に替われば、路線の共有なくして党内のまとまりを保つことは難しい。にもかかわらず、トップが依然としてこの基準を口実にするところに、旧態依然たる党の体質がにじみ出ている。

 特に今度の参議院選挙は、
 ①従来どおり業界・団体の個別利益の代表を選ぶか

 ②それとも政界再編をにらんで「是は是、非は非」と言明できる人を選ぶか

 という意味合いを持つ。少なくとも僕はそう考えて、古巣を飛び出し、政策や政治スタイルに一番親近感を感じる政党を選び直した。

 相変わらず古巣では、「構造改革」に対する評価、また世代交代や企業・団体献金に対する今後の方針もはっきりしないままだ。個々の政治家(候補者)の方は、仲間割れを恐れて争点に関する明確な主張を差し控えてしまう。今や党内は、路線やスタイルの異なる人が黙って乗り合わせている「乗合バス」状態、または今の時期で言えば「闇(やみ)鍋」のようなもの。選挙において有権者は、その「闇鍋」を食べるよう勧められるわけだ。

 自民党は、前回の参議院選挙、去年の総選挙と二度も同じ迷い道にハマり込んで国民の信を失った。失った信頼を回復するためには、改革路線をとるのか否定するのかを明確にして、乗合状態を解消することが真っ先に求められているのではないだろうか?

声無きに聴き、形無きに見る

 本当に困っていたり傷ついていたら、大きな声を上げることも難しい。物事の変化も、まず、かすかな“気配”や“兆し”から始まるものだ。「声なき声を聞け、変化や異常を感じ取れ」という意味であると、僕は理解する。明治の初めに、我が国警察を築き上げた川路大警視が「警察マインド」を説く際に使った言葉である。

 8年前、小泉総理の鹿児島視察の際、県庁・県警の庁舎前にそびえる川路大警視銅像をご案内申し上げた。ここは、鹿児島市の観光マップにも載っているほか、全国各地の警察学校の学生が研修旅行で訪れる隠れた名所になっている。彼の名前は、人気芋焼酎のラベルに使われるほどだが、銅像正面には彼の名前は刻まれていない。ただ、「声無きに聴き、形無きに見る」としか記されていない。

 民意、民情に敏感で、先立って汲み取らなければならないのは、警察ばかりでなく「政治家」でも同じ事だ。KY政治家などと呼ばれるようでは話にならない。以来、元総理は、政治家の心構えを若い政治家に説く際に、この言葉を口にする。

 本家本元の警察でも、140年前の創立の原点である「警察マインド」を常に大切にして貰いたい。警察発祥の地、鹿児島の県警本部長を務めた自分としては、お許しを頂ければ、日本中どこへでも赴いて「声無きに聴き、形無きに見る」の心を若い警察官にお届けしたい。


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ


警察は社会によって生かされる

警察組織を離れて、もう9年が経つ。今でも「事件」や「逮捕」という言葉を耳にすると、自然に目がテレビの画面に行ってしまう。永年の習性だろうが、実は一番気になるのは、警察不祥事のニュース。その中でも、不祥事または不適正事案と当事者が認識しているのに、警察当局が全否定しているような場合である。事案の内容はケース・バイ・ケースだが、警察側の弁解は分かりにくく、ひいき目無しに見て、市民の共感を得る説明とはなっていない。

難事件の解決に警察幹部が「警察の威信を賭けて・・」などと言う場合があるが、これも警察の捜査力に対して市民が大きな信頼を置いていることが前提だ。信頼を寄せるかどうかは市民の側からの認識であって、警察側が勝手に当てにすることは出来ない。権威や権力を笠に着た公式発表を多くの市民が納得すると考えるのは、警察に限らず「官」側にありがちな思い違い。民・民間では、多くの場合「どうであるか」よりも、「一般にどう理解されるか」の方が重要だ。

「警察は社会によって生かされる」とは、善悪・当非の判断基準は、社会が警察に示すのであって、警察が判断のものさしを社会に対して押し付けることは出来ないということ。僕は鹿児島県警本部長の頃、同趣旨で「喜怒哀楽を県民と分かちあう」をモットーにしていた。警察の内と外で二重の価値基準を持つのは望ましくない。警察が一般社会よりも高い倫理観を保持することは構わないが、それを部外に押し付けるべきでない。また間違っても、一般社会で通用しない(旧い)価値観を温存することがあってはならない。

今、事件・事故・自然災害、いずれをとっても「安全」に対する市民の不安や関心は高まっている。警察への期待と共に、「警察もっとしっかりしろ」という気持ちも市民の間には強い。警察学校の段階から、「警察は社会によって生かされる」という観点に立って市民感覚を共有する警察官を育成して頂きたいと思う。


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ


「世界一安全な国・日本」の復活を

 かつての日本は「水と安全はタダ」とまで言われたが、今では「水」一杯でもお金を取られるようになり、「安全」も得難いものになっている。「安全」は社会生活や経済活動の基盤となるものであり、「安全」が保障されないところでは、他のどの政策も成果を挙げることはできない。その意味で、国民に対する国家の最も基本的な責任は「安全」である。

 安全を妨げる要因として、犯罪、交通事故や労働災害、救急・救命に関する課題、自然災害などが挙げられる。これらの予防、被害の拡大の抑止、被害救済を迅速に行うためには、安全確保のための全体的なシステムを確立する必要がある。

 「安全」は「信頼」と一体のものであるから、努力を疎かにすると状況は不可逆的に悪化し、一旦失われた「安全」を元の水準まで回復させるのは至難の業だと言われる。

 参議院全国比例での立候補を引き受けるに当たり、僕は『「世界一安全な国・日本」の復活』を自分のオリジナルテーマとして取り組むことにした。僕の知る限り、これまで「安全」をライフワークとする政治家は出ていない。しかし、多くの国民にとって切実な問題であり、これに真正面から取り組むことは、正に全国区の政治家に相応しいテーマであると考える。

 このブログを読んでいる皆さんにも、ぜひ、さまざまな提案をしていただきたい。


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ


ツイッターを始めたよ

 鳩山総理も始めたという記事を見て興味を持っていた。仕組みはよく分からないところが残るが、操作方法は難しくない。たった一人の秘書の鈴木君が大活躍。教えられながら、昨日一日で既に何回か「つぶやいて」しまった。自然に臨場感が出るところが良い。まだ一回ごとに時間が掛かるので「熟練」が当面の課題。

 そう言えば、去年の秋から休止しているホームページも、急いで再起動させたい。みんなの党公認で参議院選挙全国比例に立候補することになったので、僕に関心を持ってくれる全国の方々には取りあえず、ホームページを見て貰うように準備したい。

 今回僕には、これといった支援業界も推薦団体もない。自慢じゃないけど元々お金なんか持っていない。お金を掛けないで、「口コミ、マスコミ、ネットコミ」で全国に支持の輪を広げていく。全国比例の選挙をイメージすると、世の中本当に便利になったものだ。HP、ブログ、メルマガ、ツイッターと、飽きられないように発信を続けるのは大変だが、情熱とエネルギーが政治家の資本。

 当面、発信する情報の「仕込み」に力を入れるが、暖かくなるころには地元を飛び出して、街頭演説をしながら全国を回る計画を立てている。貴方の街にも小野次郎が参上!乞うご期待。

 小野次郎ツイッターはこちら⇒ http://twitter.com/onojiro


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ