小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

毎日新聞にインタビュー記事が掲載されました

6月22日(水)、毎日新聞朝刊5面にインタビュー記事が掲載されました。
記事を添付しておりますので、ご覧下さい。


2011-0622毎日新聞記事

記事をクリックすると拡大いたします。

内閣委員会にて質疑に立ちました。

6月16日(木)内閣委員会にて質疑に立ちました。僕は14時45分から30分間、汚染ホットスポット対策、土地収用による新たな利用法などに関して枝野官房長官に質問いたしました。
「放射能汚染ホットスポットについて今日明日にも緊急対策公表」、「汚染地域の買上げ・借上げによる新たな利用も検討」など。本日の内閣委での枝野官房長官より答弁をいただきました。
委員会の模様は参議院TVにてご覧いただけます。

参議院TV 6月16日内閣委員会をご覧下さい
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

20110616内閣委員会01


20110616内閣委員会02

参議院本会議にて質疑に立ちました

6月13日(月)、参議院本会議にて「東日本大震災復興基本法案」について、菅総理、枝野官房長官、野田財務大臣に対し質問をいたしました。質疑の主な項目をご覧下さい。

○被災地の迅速な復興を実現する見地から、「本部」及び今後設置される「復興庁」における復興事業の運営・推進に当たっては、与野党の代表が参画する枠組みが是非とも必要だと考えます。この点に関する総理の認識をお尋ねします。

○国など公的分野の不要資産の売却益のほか、国債整理基金や労働保険特別会計の資金などいわゆる「埋蔵金」を最大限に活用する方針をお持ちか、財務大臣の認識を伺います。

○復興債の財源は将来の増税に求める考えなのか、財務大臣の認識を伺います。

○その意味で、復興庁は「霞ヶ関」を出て、仙台など被災地域の中心に置くという発想をお持ちであるか、官房長官の認識を伺います。

○被災地における復興庁の機能を引き継ぐ後継組織についてはどのような展望をお持ちでしょうか?特に、復興庁の期限が到来した際に、全国に先駆けた広域行政連合、更には地域主権型道州制の「東北州」に発展させていくという考えについて、総理の認識を伺います。

○これまでどおりの利用に支障が残る地域では、太陽光、小水力、風力、地熱、地中熱、バイオマスなどのクリーンエネルギーの生産拠点として新たな利用方法を検討すべきだと考えますが、被災地域の今後の発展についてどのようなビジョンをお持ちか、総理に伺います。

○請求を待って金銭で支払う「賠償」とは別に、所有権又は利用権を買い上げ又は借り上げる公用収用に類する法的仕組みを整備する必要があると考えます。官房長官のご認識をお尋ねします。

参議院TVにて本会議がご覧いただけます。
6月13日(月)本会議をご覧下さい。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2011-0613本会議

予算委員会集中審議にて質疑に立ちました

6月10日(金)、予算委員会集中審議にて質疑に立ちました。本日は同僚の桜内文城先生の次に関連質疑にて質疑に立ちました。1.校庭放射能汚染対策、2.汚染ホットスポット対策、3.汚染水海洋投棄の可能性等について高木、海江田両大臣に質問をする予定でしたが、質疑時間の関係で校庭放射能汚染対策について高木文部科学大臣に質問をするだけで終わってしまいました。


委員会の模様は参議院TVにてご覧いただけます。
参議院TV  http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
6月10日(金)予算委員会をご覧下さい。

予算集中6月10日01 

予算委員会集中審議にて質問にたちました

6月3日(金)、参議院予算委員会集中審議にて質問に立ちました。
昨日の衆議院での不信任案採決は、国会議員にも国民にも意味がさっぱり分かりませんでした。本日の予算委員会で菅総理に一番尋ねたいのは、「まもなく辞める」のか、「しばらく続けたい」のか・・・2日の内閣不信任決議案採決前の鳩山由紀夫前首相との会談で退陣に言及したかどうかを聞きました。


答弁で菅総理は「何かの条件の下で約束をしたかと言えば、そういう約束になっていない」と述べました。



予算委員会の模様は参議院TVにてご覧いただけます。
6月3日(金)予算委員会をご覧下さい。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

6月3日予算委員会1

6月3日予算委員会2

6月3日予算委員会3