小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

幹事長&政調会長定例会見(2014年6月27日)

幹事長、政調会長会見の動画はこちらからご覧いただけます。



・明日(28日)、結いの党政治アカデミー愛知分校キックオフについて
・本日(27日)、BSフジ『プライムニュース』小野幹事長出演について
・明日(28日)、テレビ愛知『激論!コロシアム』小野幹事長出演について
・消費水準指数に見る個人消費、家計消費の落ち込みについて
・日本維新の会との合流に向けた準備について
・昨日(26日)、野党 幹事長・書記局長、国対委員長会談について
・参議院の選挙制度改革案について
・滋賀県知事選について
・記者団との質疑応答
⇒野党再編においてみんなの党に秋波が送られる理由について
⇒みんなの党と合流する時期について
⇒消費税を10%に上げることについて
⇒民主党との政策協議の進展について
⇒集団的自衛権に関する新党の見解について
など

野党幹事長書記局長 国対委員長会談が行われました。

本日26日13時から野党幹事長書記局長
国対委員長会談が行われました。
現在自公で協議されている集団的自衛権に関して
閣議決定後、速やかに衆参予算委員会を開催し、集団的自衛権に関する
十分な審議の場を設けることで一致しました。
IMG_5837.jpg

参議院本会議の後、国会の会期末を受けて囲み取材に応じました。

2014年6月20日 幹事長会見
小野幹事長が参議院本会議の後、国会の会期末を受けて囲み取材に応じました。

Q:長丁場でしたけれども、今日最終日。
この国会が今日で閉まるということですが、振り返っての印象を伺いたいのですが。

A:集団的自衛権の問題なんかが議論になると言われてきたまま、結局会期中には与党間協議が行われているということを僕たちは聞かされただけで、本格的議論がないまま閉幕になりました。
振り返ってみればTPPの話もどうなったんだろうという状況ですよね。
成長戦略の話もまだ会期中には実質的な内容が提示されないということなので、やはり国民の大きな関心を持っていた部分は、実は会期内で本格的議論をされなかったという意味で私たちは非常に不満を感じています。
一方で、今日最終日にろくな議論も出来ないというか、答弁をご覧になった方はわかると思いますが、情報監視審査会の規則・規程、国会法改正の問題については昨日から審議を始めて一日ちょっと実質7時間で、答弁者の方は答弁に度々窮して、5分にいっぺんぐらいの割合で委員会審議が止まるような状況のなかで、強行採決で議院運営委員会を通し、そして先ほどは本会議も通してしまったと。
一体何が書かれていて、どうやってやっていくのか、与党の方達ですらはっきり分からないものを、法案という形で或いは規則・規程という形で通してしまった。
これから国民の知る権利も関係するし、国会議員の国政調査権にも関係する大変重要な法律・規則・規程が、本当に分かって且つ議論をした上でこういうルールでやるんだなと納得しているならいいけども、そういった共通の理解のないまま、安倍政権の安全保障或いは秘密保護といった分野で実績を上げたいという思いがあったんだと思いますが、何か思いが先に走って実態がついていかない。
まして国民の理解が尚後ろに残されたまま先へ進もうとしている、そんな感じを持っています。

Q:今回、国会法の改正なんですが、衆議院では委員会も本会議も賛成をされて、参議院では棄権、委員会では反対ということですが、最大の理由は。

A:これは6ヶ月前の特定機密保護法の時と全く同じことです。
衆議院は数の勢いで通してしまって、参議院へ来ると一つ一つ質問を参議院としていくものですから、結局答弁が立ち往生して、大臣が立っても発議者の国会議員の人たちが答弁しようとしてもろくに答弁できない。
そういう事態なので、私たちはこういった交通整理しなきゃいけないということは理解していますが、今回は全く前回と同じで、今議論を尽くさないのに採決に持っていける状況ではないだろうということですので、私たちは棄権の対応をとりました。

Q:委員会の方では反対をされていた。

A:委員会でも棄権の対応をとりました。
賛成できなかったという意味では同じですけれども、一応棄権の対応をとったつもりでいます。

(了)
1524147_581367285313530_9144577993678730082_o.jpg
10382047_581367318646860_1758521868636663524_o.jpg

平成26年6月20日午後 議院運営委員会

20日国会最終日、特定秘密保護に対する国会による監視機能について、午前に引き続いて与党発議者と森まさこ担当大臣に問い質す!

野党幹事長国対委員長会談が行われました。

本日16時より野党幹事長国対委員長会談が行われ、
石原環境大臣の「最後は金めでしょ」発言について
対応を協議しました。
明日参議院環境委員会で厳しく追及するとともに
国対間で対応を引き続き協議することで合意いたしました。
IMG_5783.jpg

幹事長&政調会長定例会見(2014年6月13日)

幹事長、政調会長会見の動画はこちらからご覧いただけます。


・明日(14日)、結いの党政治アカデミー(第3回)開催について
・「犯罪被害者給付金法改正案」「国民監査請求法案」など法案提出について
・集団的自衛権に関する政府提示15事例に対する党内方針について
・記者団との質疑応答
⇒国民投票法について
⇒集団的自衛権に関する公明党方針について
⇒1972年の集団的自衛権に関する政府見解について
⇒集団的自衛権に関する党方針について
⇒選挙制度改革案について
など
全文書き下ろしはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全文書き下ろし

12日、13日 議員立法再提出しました。

私がかつてつくりました議員立法を、参議院に共同提出致しました。

IMG_5754.jpg
IMG_5749.jpg

12日 国家賠償法改正案(み、維結、改革)
 
13日 犯罪被害者等給付金等による犯罪被害者等の支援に関する法律の一部を改正する法律案(民、み、維結、共、生、社、改)
 
13日 違法な国庫金の支出等に関する監査及び訴訟に関する法律案(民、み、維結、生、社、改)

 それぞれ3回目の提出です。

新聞に記事が載りました。
山梨日日新聞(朝刊) 2014年6月14日

幹事長&政調会長定例会見(2014年6月6日)

【幹事長&政調会長定例会見】の動画はこちらからご覧いただけます。

・統一地方選へ向けた党現職地方議員の第一次公認の準備について
・安全保障法制整備に関する与党協議会に政府が提示した15事例に関する党内議論につ­いて
・日本維新の会との政策協議再開について
・記者団との質疑応答
⇒政府提示15事例に関する党内議論と日本維新の会との議論について
⇒日本維新の会との今後の政策協議のメンバー、合意の時期について
⇒新党準備のスケジュールについて
⇒本日(6日)の江田代表と民主党 海江田代表との会談について
など

朝刊に、記事が載りました。

山日新聞(朝刊) 2014年6月5日 に記事が載りました。
↓↓クリックすると記事が表示されます↓↓
20140605111906_00001.jpg