小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

声無きに聴き、形無きに見る

 本当に困っていたり傷ついていたら、大きな声を上げることも難しい。物事の変化も、まず、かすかな“気配”や“兆し”から始まるものだ。「声なき声を聞け、変化や異常を感じ取れ」という意味であると、僕は理解する。明治の初めに、我が国警察を築き上げた川路大警視が「警察マインド」を説く際に使った言葉である。

 8年前、小泉総理の鹿児島視察の際、県庁・県警の庁舎前にそびえる川路大警視銅像をご案内申し上げた。ここは、鹿児島市の観光マップにも載っているほか、全国各地の警察学校の学生が研修旅行で訪れる隠れた名所になっている。彼の名前は、人気芋焼酎のラベルに使われるほどだが、銅像正面には彼の名前は刻まれていない。ただ、「声無きに聴き、形無きに見る」としか記されていない。

 民意、民情に敏感で、先立って汲み取らなければならないのは、警察ばかりでなく「政治家」でも同じ事だ。KY政治家などと呼ばれるようでは話にならない。以来、元総理は、政治家の心構えを若い政治家に説く際に、この言葉を口にする。

 本家本元の警察でも、140年前の創立の原点である「警察マインド」を常に大切にして貰いたい。警察発祥の地、鹿児島の県警本部長を務めた自分としては、お許しを頂ければ、日本中どこへでも赴いて「声無きに聴き、形無きに見る」の心を若い警察官にお届けしたい。


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/109-cbd6663d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)