小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

国会改革(国会議員の定数削減その他)

 「役人のことばかり国会議員は口にするが、国会改革の方はどうなったのか?」こういう街の声を現職議員は耳にしているだろうか?

 僕は、以前、自民党の国会議員定数大幅削減議員連盟の事務局長を務めていたが、その頃から衆・参合わせて定数30%の削減を訴えている。落選、自民党離党、そして、みんなの党参議院全国比例候補へと自分の立場は大きく変わった。僕がその間ずーっと抱いている疑問がある。国会とは、国民の異なる意見を比例的に抽出するメカニズムだが、選ばれる国会議員は、頭(あたま)数だけの比例抽出で良いのだろうかと。「異議なし」しか言わない、その他大勢の議員なんか、総数だけ分ければ一人一人は不要だ。何でも反対と決め込む野党議員も同じこと。

 その意味からは、定数削減は数だけの問題ではない。選挙制度は世論の分布に比例して議席数で表わす仕組みであり、また世論のバラツキと濃淡を一人一人自分の言葉で代弁する政治家が国会に選ばれてくる仕組みでなければならない。

 現在の衆議院小選挙区は、期待される課題が地方議員と同レベルになっており、少し地域が狭すぎる。人口で言えば、おおむね50万人1選挙区程度の仕組みで良いのではないか。他方、全く別の全国的括りで世論を集約することも必要だから参議院の全国比例は将来とも一定数は存置すべきであろう。そう考えると、これらの中間にある衆議院のブロック比例と参議院の都道府県選挙区の選挙は、その性格にダブリがあるように思う。両者の関係を整理・統合する事が必要だが、この議論を進めると、結果的に、一院制国会の方向が見えてくる。将来的には、衆と参に一つずつ置かれている法制局などの重複機関を整理統合することにより、かなりの予算が節約できる。

 ところで、議員の報酬は、主要な部分を出席手当(日当)と発言手当にすれば良いと考える。地元行事を口実に国会に出てこない議員と自分の意見を持たないその他大勢組の議員はフルタイムの報酬をもらう資格がない。議員報酬の仕組みを見直すことにより、議員冗費の削減と院内議論の盛り上がりの一挙両得が期待できる。

 国民の税金を使うという意味では、公務員も国会議員も同じ。国民から見れば、政治家の方が特別な待遇を受けている訳だから、行政改革に広範な国民の支持を得ようと思ったら、まず、国会改革を断行する事が一番説得力を持っていると思う。

コメント

議員歳費こそ仕分けよ

事業仕分け第二弾が始まり、独立行政法人の天下り官僚たちの報酬がどうのこうのと、やっている。

僕自身は、本当に能力のある官僚が、新たな職場(独法であるなしに関わらず)でその能力を発揮することは、悪いことではないと思っている。

それは、さて置き、議員歳費の見直しも是非行われるべきだと思う。
もちろん、半減の方向で検討されるべきだと思う。

  • 2010/04/27(火) 14:01:31 |
  • URL |
  • まさむね太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/115-12b4d273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/06/09(水) 08:15:27 |