小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

「みんなの党」支持率がウナギ上りなワケ

 党代表の言動がブレない事、これが最大の理由だと思う。今の政治を「訳が分からない」と嘆く多くの国民にとっては、何より惹かれるポイント。

 鳩山邦夫氏の行動については、「考える方向が違う」とキッパリ。一方、改革派として発言が注目される舛添氏に対しては、「(自らリスクを取って)自民党を出てから考えよう」と。与謝野氏についても同じ。

 僕のように党の一公認候補では、渡辺代表としばしば意見調整ができる立場にはない。舛添氏、与謝野氏と連携を始めるのだろうか、鳩山氏にすり寄るのだろうかと、気が揉めることがある。そんな時、代表のスタンスが不動という事は、党内に身を置く一人として大変心強い。

 「分かりやすい」と「変わらない」は、政党の代表として絶対の条件。兼ね備えれば強みとなり、欠ければ弱みともなる。「揺らぎの理論」で政治の現状を説明する鳩山総理。だが、世の中の曲がった事は正したいと思って政治に飛び込む僕のような(純文科系の)人間もいる。「揺らいでいて当たり前」と言われても、理解もできないし信頼にも繋がらない。

 自民党内も、鳩山氏の離党に関係者が揺れている。桝添、与謝野両氏は、時に新党結成も示唆して世論の支持を集めてきた。しかし、鳩山氏の離党が党内で批判を浴びると、途端に口が重くなってしまった。

 また、これまで党の刷新を訴えていた河野太郎氏、山本一太氏、後藤田正純氏ら若手論客の執行部擁護の発言にも違和感を持つ。若手論客は、舛添、与謝野両氏と今後は袂を分かつということなのか?リスクを回避してその都度スマートに立ち回る政治家の姿は、党若返りに期待を繋ぐ支持層をますます失望させるだけ。

 結局、周囲がうごめいても、チョロチョロしない事が「みんなの党」に対する世論の信頼を高める事に繋がっている。基本政策が合致する「覚悟を持った」勢力とだけ連携するというスタンスを参議院選まで貫くことができれば、「みんなの党」には、今後更に広範な国民的支持が集まるものと確信する。

コメント

民主主義って

民主党の副幹事長が更迭だとサ
党内民主主義を!って発言に対して、外部に対して執行部批判をした、てんで更迭(大笑)
これ、自己矛盾というか、てめぇらで騒ぎを大きくしているのがわからんのかね?まさしく小沢独裁を証明したようなもんじゃないか?(溜息)
喧々諤々の議論(党内含む)からしか、民主主義はうまれないと思うぞ?
これでまた、内閣支持率が急落するでしょう。

応援しています

みんなの党に投票した者です。
今後の日本経済、国民の暮らしに貢献してもらえることを期待しています。応援していきますので、どうぞ頑張ってください。

  • 2010/08/11(水) 11:19:24 |
  • URL |
  • ケニティー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/123-b29dc8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)