小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

プロフィール:カジノ

「おのじろう」プロフィール集

カジノ:

初めてカジノに足を踏み入れたのはフランス留学中に訪れたモナコのモンテ・カルロ。建物も、中の雰囲気も格調が高く、まるで「社交界」にデビューしたような晴れ晴れとした気分がした。1979年のことだから、カジノ歴は30年近くになる。

以後、外国出張や在フランス大使館勤務の際に、いろいろな国のカジノを訪問。ドイツのバーデン・バーデンでは、車椅子の高齢の婦人が500円ほどの小さいお金を賭けて楽しむ微笑ましい姿を見た。オランダのハーグでは、宿泊した高級ホテルの地下にカジノがあり、部屋で我が子を寝かしつけてから夫婦で楽しむことが出来た。

この他、マカオ、カトマンズ(ネパール)、ベオグラード(旧ユーゴ)、ハバロフスク(ロシア)でもカジノに行った経験あり。しかし、一般の生活が貧しく見える中、カジノ周辺の雰囲気はあまり良くない。貴重な外貨を賭けて遊ぶ観光客に対して周囲の厳しい視線が感じられた。これらの場所では、後ろめたさと帰りが少し怖い気がして、結局、早々と切り上げた。

今、地域経済の活性化や財政上の収入増加を目的として、我が国にカジノを導入する議論が国会議員の間で行われている。レジャーとしてのカジノ導入に絶対反対ではないものの、これまでの見聞を踏まえて、健全で周囲の環境に悪い影響を与えないカジノの条件について慎重に検討を進めて貰いたいと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/28-1515b622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)