小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

分かっちゃいないね、「集団的自衛権」

テレビで、ビートたけしらのタレント、評論家と各政党所属の国会議員が田母神前空幕長をゲストに迎えて、集団的自衛権と憲法改正の要否について激しく言い合っている姿を見た。テーマがテーマだから、参加者によって基本的な立場が異なるのは分かる。しかし,極端な設例を挙げて集団的自衛権の必要性を自明の理のように説くのは見逃せない。

個別的であれ、集団的であれ、「自衛権」とは国家レベルでの戦争開始の正当性に関する議論。集団的自衛権の典型的なケースは、同盟国が地球上のどこかで侵略を受けた場合に、我が国にとって何ら脅威になっていなくても、その侵略を自国に対する侵害と見なして戦争を開始すること。このケースを挙げれば、多くの日本国民は集団的自衛権に対して慎重な考え方になるだろう。

現場で、傍らの同盟国軍に対する攻撃に対して、我が自衛隊が武器を使用して反撃できるかどうかは、あくまで、個人における「正当防衛」「緊急避難」と同じレベルの議論。この場合、今そこにある共同の脅威、危険を取り除くために、正当防衛的に反撃することは可能である。それと、集団的自衛権の発動によってこの侵略勢力に対して国家として戦争を開始することとは次元が異なる。戦争がひとたび開始されてしまえば、目の前で攻撃や侵略が行われているかどうかに関わらず、武器使用は、国の上層部からの命令の執行によって行われる。

現在の安保条約においてもアメリカ側は、日本に対する侵略から我が国を守る義務を負っている。問題は、我が国にとって一方的に有利な規定になっている点。今、「集団的自衛権」の議論を好む向きは、アメリカ側にとって不利な現在の安保条約を「公平な?」双務的規定振りに改めようとしている。しかし、強国の軍事力に依存して自国の安全を確保する国にとって、集団的自衛権は、「権利」というより見返りの「義務」というべきもの。戦争に巻き込まれやすい国との間で集団的自衛権の約定を結べば、リスクも格段に拡大することを覚悟しなければならない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/38-cad2919a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)