小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

海自の海外派遣は慎重に!

政府は、近々、海上自衛隊の護衛艦について、海上警備行動によるソマリア沖派遣を決めるようだ。自分も国会議員でありながら、軍事力の発動という国家の一大事を報道を見て初めて知るというのも恥ずかしい。それぐらい、開会中の国会でも、永田町界隈でも話題に上っていない。
 
報道が伝えるとおり、現地の海賊対策に協力する目的なら、海上の秩序維持を任務とし、容疑者の逮捕権を有する海上保安庁の巡視船が対応するというのが、筋ではないか?近くを航行する我が国船舶を警護する場合でも、第一次的には、海上保安庁の任務であろう。
 
専守防衛に徹する我が国としては、軍事力の発動は、「慎重のうえにも慎重に」というのが、これまでの基本的姿勢だったと思う。再処理したプルトニウムを輸送する船舶を、遠く、フランスのブルターニュから地球を半周して我が国まで護衛する任務は、武装を強化した大型巡視船に行わせている。マラッカ海峡沿岸国からの要請で、現地海賊対策の支援に出動したのも海上保安庁だった筈。
 
海賊対策の名目とは言いながら、法改正もないのに、いつから、海上軍事力である護衛艦を、世界中のどこへでも出動させることが可能になったのか?それが出来るなら、インド洋に護衛艦を派遣するためのテロ特措法の立法も、元々必要なかったかも知れないと思えてしまう。
 
戦前の大半の軍事行動も、「在留邦人の保護」が当初の名目だったことを忘れてはいけない。外国軍事勢力との本格的戦闘に発展する危険のある軍事力(自衛隊)の発動は、今後とも慎重であるべきだ。
 
国内が深刻な不景気に見舞われ、政局も不安定な時に、政治指導者が、外交で得点を挙げようとするのは、どこの国でも見られる現象だ。しかし、それに軍事力の発動まで伴うことになれば話は別。後世、俗に「火遊びをした」などと指弾されることがないよう、為政者は十分に肝に銘じなければならない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/45-a4a60531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)