小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

法制局は、内閣に対しても国会に対してもおもねることなく、法律の権威としての使命を果たしてもらいたい。

「頭の体操」とは、いろんなケースを想定して非公式かつ未発表の検討内容を言う。
それが、どうして過去の有名な国会答弁集に化けてしまったのか?
まず正しい日本語を勉強し直すべきだ。
法制局は、内閣に対しても国会に対してもおもねることなく、法律の権威としての使命を果たしてもらいたい。
小松長官「資料提出」に野党が批判 「過去の国会答弁集めただけ」
*30秒の広告のあとニュースがご覧いただけます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/529-3325bd5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)