小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

今こそ思いきって!

企業献金廃止に関する18日夕方の総理インタビューを見て、正直がっかりした。

「企業献金が悪という考えにはくみしない」「正当性について最高裁判決がある」「長い歴史の結果、今の企業献金がある」(要約)。

企業献金の廃止は今後の法規制の問題だから、憲法問題の判例は無関係であり、「長い歴史」とは、言い換えれば「ドロドロのしがらみ」ということである。常識的に、特定企業から多額の資金が渡れば、政治が歪められることに繋がる。政治資金の現状を納得している国民は少ないだろう。

政治資金のルールやモラルに関しては、日々自転車操業でやりくりしている政治家には言い出せない。だからこそ最高位にある総理大臣には、改革を進める大きな責任がある。

企業献金全廃を提唱したのは、政治資金収支報告に疑惑が掛かる小沢民主党代表で、「開き直り」の批判が出るのも当然である。だが、問題提起に対して、即座に現状擁護のコメントをしてしまうのは、少々「うかつ」過ぎないだろうか。いなしたり透かしたりせず、正論であれば取り上げるべきである。

総理の発言後、自民党内から企業献金廃止の声が上がらないのも全く不甲斐なく、党の代表に対して責任追及の声を上げられない民主党と何ら変わりがない。

私の立場は以下のとおりである。

1.企業献金は廃止し個人献金に一本化。
2.寄付の税額控除を認め、個人献金を奨励。
3.企業からの献金を可能にしている政治資金パーティは廃止。
4.迂回や仮装、偽造、隠滅などの不正行為は重罰化。
5.献金に頼らないで済む公的支援の充実

ルールを替え、新ルールの元でお金の掛からない政治活動を考えれば良い。そうすれば自民党は、必ず多くの国民の支持を得ることが出来る。

今こそ、国民の目線そして常識に沿って、実効性のある企業献金廃止を実現したい。


コメント

地動説

小泉さんが、小沢さんと組んで、守旧派を倒すのは如何?
それを望む国民も多いと思います。

  • 2009/03/24(火) 20:51:34 |
  • URL |
  • コペルニクス #l0yaxqJ6
  • [ 編集 ]

今こそ思い切って

今こそ思い切って、現職の全政治家を総替えしたら
いいと思う。政治がここまで劣化したら、語る言葉すらない。改革だと?笑わせないでほしい。小野さん、他人事じゃないんだぜ。

政治家は献金の話になると、直ぐに政治は金が掛かると云います。
また、次回の選挙にも当選がしたいが為に、「中央と地方に秘書を
置かなければ・・」とも云います。

手元に有るだけの金で、政治活動をすれば良いことであって、
金が掛かりすぎて嫌ならば政治家を辞めれば良いことです。
今の国会議員は、所謂ファミリー企業になっているからだと思う。

中小企業をみてください。
親父が社長、奥さんが金庫番、社長の弟が専務等々でやってい
るのです。議員の奥さんが金庫番をしているのを見たことがない。

ましてや、政党助成金をしこたま頂いているのに、何に使っている
公表して欲しいくらいであります。

小野先生、孤軍奮闘になるかも知れませんが、頑張ってく
ださい。
応援しています。

  • 2009/03/27(金) 12:57:43 |
  • URL |
  • 伊那の勘太郎 #z1uogJ6Q
  • [ 編集 ]

それが常識です。

 政治と金の問題は切っても切れない話です。
 金により政治が歪められた事象は随分昔から繰り返されてきたし、一向に治りません。 
 小野さんの考え方は現実とは解離してます。が、正論です。
 それで良いのです。
 「綺麗事を言うな」と、のたまう方も居られましょうが、政治は正義であるべきなのです。
 あきらめずに、あるべき姿を追い掛けなければ、多くの志を持った人間達がそうであったように、またぞろ、どろどろの関係に引きずり込まれ、抜き差しならない立場になってしまうのです。
 弱さ故、欲故に汚れた者が、今度は居直り、現実を知る大人の如く、訳知り顔に振るまう。
 その手の政治屋は都会にも田舎にも、ゴロゴロしています。  
 小野さん、武士の一分、貴男の筋は絶対に曲げないで下さい。 

 汚濁の中の清流を見守ります。

  • 2009/04/08(水) 14:15:52 |
  • URL |
  • 葉桜 #-
  • [ 編集 ]

千載一遇

 千葉県の新知事、森田健作氏に対して山崎派の政治団体『近未来研究所』(どっかで聞いた様な名前…?)から、以前三百万円の提供があったのに、森田側は又もや記載洩れ…との報道。
 そうなのだ。
 政界ではいつの頃からか、このように、親分が若い政治家に所謂、餅代と云う生活費を配る習慣がある。
 それは時として自派のメンバーのみならず、与党から野党の若い議員にも及ぶ。
 この金の流れが、現実的に大きな政治力学になっている。
 となると、小野議員も今の政界で本当に影響力を持つ、或いは足場を強くしようとすれば、理念だけでは不足、併せて、莫大な資金力を付けて親分に上納、或いは仲間に餅代を配らねばダメだ。
 毎月の給料だけでは到底足りない為、集金パーティーを開いたり、大口の企業献金に頼らざるを得なくなるだろう。
 そうして、弱みを握られ、予算の箇所付けや口利きを計らざるを得ず、政治家自身も認める悪循環が始まる。
 金で政治が歪められ、政治家は票の乞食へと転落する。
 つまり、この問題は政界の現実をどこかで、誰かが変えない限り、小野議員の主張は例え正しくとも、永遠に虚しく聞こえてしまうのだ。
 政治家も国民も、皆おかしいと思いながらも、どうする事も出来ない。
 もし、同様の事が会社や地域で公然と行われていたとしたら、それを正しいと評価する人がいるだろうか?
 民主党は検察のやり方を見て、一気に政治資金の在り方を変えてきた。
 勿論、与党の足元を見ての事。
 しかし、出来れば、この千載一遇の機会に小野議員の言うように、変えられる可能性を持った総理から発言して欲しがったとは思う…。
 政治を変えるチャンスだと思うんだが…。

  • 2009/04/11(土) 06:11:25 |
  • URL |
  • 健太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/55-f284d133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログと金権政治

民主主義の素地を作るために、献金ルールを整備するのはもちろん大切。でも理念の交換も大切だ、だから、こういう政治家ブログの一つひとつの果たす役割は大きいと思われる。

  • 2009/03/26(木) 09:51:19 |
  • Keynotes