小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

「同姓同名」

「ヤフー」でも「グーグル」でも、「小野次郎」で検索すると、政治関連以外の多数の情報がヒットする。僕の情報だけでないことは以前から認識していたが、この現象の原因についてだんだん状況がつかめてきた。
同姓同名は世の中に数多くいるのだろうが、僕の場合、ネットでの同姓同名が、少なくとも4人確認される。

小野二郎(「すきやばし次郎」寿司の名人)
小野次郎(中央競馬会の騎手)
小野次郎(佐賀県嬉野町の陶芸家)、
更に歴史上の人物として
小野次郎右衛門(小野派一刀流始祖)

お寿司の世界で、ミシュランの3つ星にも上げられた小野さんは、本名は「二郎」だが、お店の名前には「次郎」の方を使っている。一度だけ、友人夫妻と「すきやばし次郎」に名人のお寿司を食べに行き、本人に挨拶したことがある。「ネットでは代議士の名前が上に出て来ますね」と、弟子の方が言っていた。本人も僕の存在を意識していたようだ。

騎手の小野さんは、まだ若いが、多くのレースに出ているためにヒットする情報量は同名の中でも断トツ。たまたま、競馬ファンの個人ブログに、「今日は自分のブログにいつもの10倍ものアクセスがあった。政治家の小野次郎の方に何かあったのかもしれない」という趣旨のコメントを見つけた。「迷子」アクセスで迷惑をかける面もあるだろうが、僕の方も自然と彼の戦績を見る機会が多くなっている。今では、「小野次郎騎手」に親近感を感じて応援している。

陶芸家の小野さんは、プロフィールを見たら「1953年生れ」まで同じである。ネット上の画像で作品を見ているが、近くで個展でもあれば本物を見に行きたい。

小野派一刀流の始祖は、氏名の最初の4文字が同一なので、検索的には同姓同名になってしまう。歴史に残る剣豪だけに現在でも関連情報は多い。親戚関係はないものの、僕が政治の世界で「武骨」だとか「剛直」のイメージで見られる背景には、この名前の知名度が潜在的に影響しているかもしれない。

「すきやばし次郎」の小野さん以外のお二人にはお会いしたことがない。今考えているのは、現存する4人の「小野次郎」が一堂に会することである。次期総選挙の試練を無事克服できたら、第1回「次郎会」開催の音頭取りをしたい。

コメント

面白いお話です

その企画のとき、何かお手伝いしたいです!(マジ)
みなさん、何と呼び合うのでしょうね(笑)

次郎さんのブログが、上位にいるのはそんな雑談を聞けるのが理由かもしれませんね。

  • 2009/05/12(火) 23:41:21 |
  • URL |
  • おさむ #4B3NfbaA
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/08/26(木) 07:36:46 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/63-92b0e324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)