小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

栃木の「刺客」ばなし

離党した渡辺喜美代議士の選挙区に、自民党が「刺客」候補を擁立する話が出てきた。造反議員の選挙区に自民党公認の候補を立てて戦い、大勝に導いた4年前の郵政選挙の前例にあやかる魂胆であろうか。

僕自身、前回は「刺客候補」と呼ばれたが、自民党には「改革を止めるな」という大義名分があった。しかし、今回は自民党全体にマイナス効果を与える「ダメ作戦」だと思われる。

政治の現状に渡辺代議士と同じ疑問や憤りを感じる国民は、自民党議員、党支持者を含めて甚だ多い。もう少し党内に留まり、霞ヶ関の官僚による日本支配の打破のために粘り強く戦うべきであったと言うのが、彼に対する相場観だろう。

党内の抵抗勢力や旧い体質が息を吹き返す中、公に約束した政策でも、直ぐ訂正したり、ブレてしまうところに国民は失望している。その上、世間の憤りが読めず、逆なでするようなことを無神経に口にするから、世の人々は、呆れ返ってしまう。最近の政府与党の不人気は、決して世界的な不景気のせいではない。

栃木の「刺客」擁立ばなしは、「改革」から後戻りする自民党のイメージを全国的に宣伝するだけのこと。イメージダウンによる目減りを数パーセントとみると、この全国的な逆風の中、小選挙区・ブロック比例の双方で、多くの候補者が被害をこうむることになろう。栃木でのことだからと我々同僚議員が知らんぷりして済む問題ではない。

最近では、自民党の現状をタイタニック号に例えて、このまま危機を克服できず、沈没に向かっていると心配する向きも多い。こんな時に、国民があきれて、船を乗り換える決断のとどめをさすような「刺客」擁立は、思いとどまるべきである。

コメント

骨肉の争い

自民党の「何でも有り」の姿勢ですね。
上から目線で国民を見ていると、しっぺ返しを食らうことを
注意すべきです。

神奈川の小泉元総理の選挙区に自民党候補を立てるならば、
国民は自民党を見直す筈です。

  • 2009/05/27(水) 08:30:05 |
  • URL |
  • 伊那乃勘太郎 #z1uogJ6Q
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/66-abfc9b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)