小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

小泉さんってどんな人?

秘書官の頃ならともかく、議員になった今でも地元の集会などで、しばしば訊かれる質問である。特に女性の方からが多く、小泉純一郎の個人的人気は衰えていない。小泉さんを一番近くで見てきた人間と信じられているのは、名誉なことではある。でもこの僕だって今や代議士なのだから、もっと僕の事を尋ねてほしいと僻みたくなる程。この質問には、時代劇に登場する三人の有名キャラクターを使うと説明しやすい。

 「いつもは眠り狂四郎」。目を半眼にしていることが多く、人の話に同意しているのか聞き流しているのか、傍で見ていても掴みきれない。大きく目をむく表情は、ほとんどしない。いつ誰からどんな報告を受けても、ネタ元を明かすことなく、自分が前から知っていたかのように情報を活用する。それにより、情報提供者が守られるだけでなく、誰から聞いたか決して洩らされる心配のない政治家の耳には、自然に日本中の情報が集まってくる。でもこれは他人に頼らないで、情報判断や取捨選択を行える自信があるから出来ること。僕も何度かこの「眠り狂四郎」のおかげで、霞ヶ関や永田町で抹殺されずに済んだ経験がある。

 「お願いしても木枯らし紋次郎」。政治家が、難しい案件の説明に来ると総理が黙って聞いてくれるので、相手は了承したと勝手に思い込む。最後に「では、お願いできますか。」と念を押すと大概、「良いことだから、ご自分でやればいいよ。」と、そっけない返事が返ってくる。総理の部屋から出て、秘書官に八つ当たりして帰る政治家がたくさんいた。総理を辞めた後、小泉チルドレンと呼ばれる同僚議員が相談に伺っても、最後に「良いことだから、ご自分でやればいいよ。」と答えるのが普通である。「あっしには、関わり合いのないこと。」という印象を持たれて、「小泉は、冷酷な男。」の評判につながる。でも本当に問題があると考えるときには、優しく「止めておいた方が良いよ。」と言う筈だから、そう言われないだけマシだと思うしかない。

 「たまに旗本退屈男」。テレビの中では毎週名場面を作ってくれるが、小泉さんの場合は年に一度あるかどうかのことである。ハンセン病訴訟控訴断念や拉致被害者を救い出すため、北朝鮮に向かったとき、そして郵政解散・総選挙などである。「鬼神もこれを避くる」というような険しい形相に変わる。小泉ファンとしては、度々発揮してもらいたいが、どの案件に対して反応するかは、周囲でも予測が付かない。本人も気力・体力に相当の消耗があるみたいで、一度演じたら、暫らくはお休みしなければならない。総理を辞めて間もなく1年半になるので“そろそろもう一度”と密かに期待するが、果たしてどうなることやら?

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

①エンゼル係数(?)小学生のときか習いました。エンゼル係数(?)が高い程低所が低い家庭なのです。田中真紀子さんも言われていましたが、食費等については、消費税なしがいいです。あとは7から10パーセント消費税をあげたもいいと思います
②。特別会計もすべて情報公開にしてほしいものです。(法律改正が無ければだめであれば改正してください)。
③後期高齢者医療の問題ですが、生活保護の所得より少ない世帯かたより、税金矢保険料の徴収をするのはやめてほしいものです。生保や障害年金受給者より少ない収入でやりくりしている人がたくさん居ます。75歳以上でも(200~300万ぐらい)ある程度収入があれば年金から天引きでよいとおもいますお金はあっても払わない人が多いので良いと思っています。75歳以上の人と同じように75歳以下の人も、血圧の薬白内障の薬とあちこちで受診しなくて良いようなシステムにするべきです。年齢で決めるのでなく病状等で決めるべきです。

④居酒屋タクシーのことが問題になっていますが、山梨県では、50円のさい銭を『以後子のようなことの無いように致します』・・・これで終わりですか。きちんと逮捕してください。
           がんばれ小野次郎応援しています。

  • 2008/06/11(水) 16:13:04 |
  • URL |
  • 上野 #-
  • [ 編集 ]

小泉さんが正論

今、小泉さんが言っていることは、世間的に考えれば
いたってまともだと思います。
永田町では奇人変人でも一般庶民的には、常識なんですよ。
だからこそ、未だに人気が高いんですね。
小泉さんは、相当の覚悟を決めてこれだけの行動に出ているんだと思います。小泉さんは悪者にはならないと思います。
小野さんも小泉さんと行動を共にしても十分、指示されると思うので
小泉さんを見放さないでください。


  • 2009/02/20(金) 19:33:54 |
  • URL |
  • がんも #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/7-b2f24f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハンセン病」についてのブログリンク集

ハンセン病 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…

  • 2008/01/03(木) 12:14:33 |
  • 最新ブログをまとめて検索