小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

政権ダッチロール(23日のニュースから)3

 日本郵政西川氏続投問題で党内の動揺続く。
 総理は「民営会社の社長人事に介入するのは慎重であるべき」との認識を最終的に表明されたが、鳩山前大臣は、総理の方から西川更迭を前提にして後任社長候補の名前を挙げたと主張している。
 前大臣の主張は自己矛盾を起こしており、僕も総理の結論は妥当だと思う。日本郵政に対して国(総務大臣)の監督権限を強調すれば、会社の業務処理に対しても大臣の方が第一次的な責任を負わなければならない理屈になる。
 しかし、前大臣が暴露する総理とのやりとりを否定しないままでは、総理の方が「心変わり」したのではないかという疑問を多くの国民が抱いてしまう。この問題について総理自身はどう考えてきたのか、認識が少しも伝わらないのが国民の最大の不満ではなかろうか?
 確かに、西川続投について世論は不評である。しかし、“正義派”の前大臣に対して世論は同情的であるから、これは予想された反応である。だからと言って、「喧嘩両成敗」の体裁を取り繕うために、これから西川社長に辞めて貰えば内閣支持率が回復するかと言えば、逆であろう。
 総理が判断を逡巡し決断が遅れれば、その度に支持率が低下する。総理が、もっと早く処理方針を明らかにしていれば、ここまで急激な内閣支持率の低下を招くこともなかったであろう。
 国民生活的には、何よりも、民営化後のサービスの拡大と向上について、目に見える実績を挙げることが求められている。民営化前からの財産の処分に関しては、透明性を確保する観点から、外部に委託することを考えれば良い。そして会社本体は民営化後の本業のサービス改善に集中すべきである。
 前大臣と同じ立場から社長人事の問題を取り上げる政治家は、そもそも郵政民営化に反対であった方々に多い。会社は既に民営化されているのだから、そのメリットを最大限引き出すごとに努力するのが与党政治家の務めであろう。今さらのように、「元々民営化は適当ではなかったのだ」という持論の例証にこの問題を結び付ける姿は、情けないし見苦しい。

コメント

ウンザリ

最近の報道を見ていると、自民党のゴタゴタばかり。
どうしても議員ご自身達の目前の選挙の為だけの、言動が
目につきます。 

ここへ投稿するのも、段々とウンザリしてきた。
いっそのこと、自民党は下野して共産党ではないが、「確かな野党」になってもう一度、一から体制づくりをしたほうが良さそうだ。

  • 2009/07/01(水) 08:51:58 |
  • URL |
  • 伊那乃勘太郎 #z1uogJ6Q
  • [ 編集 ]

正念場

解散・総選挙の日程が決まり、いよいよ正念場ですね。
麻生さんが表紙では、厳しい戦いかと思いますが、今更
変えることも出来ないかと。

私の選挙区でも、自民は可成り厳しい情勢です。
と云うより駄目かも・・・。
世間の見方は、自民でも民主で変わらないです。
それならば、一度は民主にやらせたら如何でしょうか。
と、会う人毎に云われます。

詰まるところは、官僚主導だからです。
私は、反論が出来ません。
小野さんだけは、1票差でも、なんでも当選してください。

  • 2009/07/14(火) 17:32:52 |
  • URL |
  • 伊那乃勘太郎 #z1uogJ6Q
  • [ 編集 ]

システム

 結局、官僚システムだと思います。
 相手変わって主変わらず。
 真の主人は官僚システムです。
 
 明治以降、権力者はこのシステムに頼りすぎ、軽んじ、結果的にシステムに意思を持たせ、終には支配されたのです。
 民主党が政権を握るや否や、システムは早速民主党の議員達を骨抜きにかかるでしょう。
 権力の密の味を知らない連中(システムOBがいても、せいぜい課長補佐クラス、つまり国を背負った事が無い)を恫喝し、パシリにするぐらい彼らに掛かったら赤子の手をひねるようなもの。 
 日本中から選ばれた優秀な細胞達が、内向きに保身を図るのはシステムの掟であり、それに従わない細胞は出されます。
 
 更にシステムは行くところまで行く。 
 システムはブレーキを持たないのです。
 その理由はシステムには無謬性といって、決して前任者のミスを認めない生前説を取っているので、絶対に反省をしません。
 故に戦争も、水俣病も、、消えた年金も、全て破局を迎えるまで止まれない、まさにシステムの産物なのです。
 故に決して犯人を特定出来ません。
 私たちには戦う相手が永遠に見えません。
 これを制御し有効に用いる知恵を出さなければ、何も変わらない。
 残念なのは、本来我々の武器となりうるメディアの劣悪さと卑怯です。
 小野先生の様なシステムの功罪を知り、かつその庇護を平然と捨てた方にこそ、正しいシステムの使い方を見せて欲しいのです。

  • 2009/07/14(火) 20:52:21 |
  • URL |
  • 健太郎 #-
  • [ 編集 ]

後悔しない政治家の選び方

「政治家選び」は「人物選び」
あなたがこれからの政治に何を期待するのか
地方や日本の将来に対して「何」にこだわっているのか、あらかじめハッキリしておきましょう!

あなたの「こだわり」が明確であればあるほど、これからの日本も、まんざら捨てたものでもありません。

「人情」で政治家を選ばないようにしましょう!

友人・知人・同僚・親戚の方などに紹介された「政治家」を選ぶ方は少なくありません。でも、あなたの「こだわり」と友人・知人・同僚・親戚の方などの「こだわり」とは違います。
優先すべきは「人情」ではなく、
豊富な経験と実績のある政治家であり、一人でも行動できる決断力のある政治家です。

あなたは
その政治家の顔を見たことがありますか?
直接話を聞いたことがありますか?
テレビで見かけたことがありますか?
マスコミに取り上げられたことがありますか?

その人物は
みずから決断し地に足のついた行動がとれますか?

世間では自民党逆風が叫ばれています。
確かに今の自民党は大きく変わらなければなりまん。
あなたの生活や将来の子孫のためにも「政治家選び」は「人物選び」実績やリーダーシップのある人物にこだわって「小野次郎」をオススメします。

  • 2009/07/17(金) 21:27:23 |
  • URL |
  • 山梨3区 菊次郎 #-
  • [ 編集 ]

選挙で戦う相手は?

あなたが選挙で戦う対立候補は、どこの党所属なの?
このHPの議員が自民党議員とは摩訶不思議。
野党応援ページかと思った。
自民党であるなら、政権担当能力が本当にあるのは我が党である!
と堂々と主張すればよい!
民主党は、今まで自民の政策に反対してきたのに、
総選挙が具体化すると、

「いままで反対してきたけど、実際はやむを得ないよね・・・」

と言わんばかりに、発言を変更しているではないか!
社民党が、民主党に、いまさら何言ってるの!って言ってるじゃないか。
これが本当のブレであり、ダッチロールだろう?!
自民議員が、麻生首相や自民党を批判しないと
次の選挙に勝てないと思っていたら、それは大間違い!
その批判を喜んで、褒め称えているのは自民支持者じゃないよ。

つまり敵に踊らされてるだけじゃないの?
いままで自民を支持してきた人たちは、
今度の選挙で、本当の自民党議員しか応援しないよ!
太字の文

  • 2009/07/21(火) 15:43:03 |
  • URL |
  • 自民党員 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/70-997fd9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)