小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

ガソリン暫定税率と道路特定財源(1) 

〈僕の基本的考え〉
 この問題は二つの側面を持っている。ひとつは、「ガソリン代」か「道路予算」かという選択。もうひとつは、「道路オンリー」か「福祉・環境」かという選択。
世界規模の現象である現在の石油価格の高騰は、投機的な要因が大きいと言われるが、いつになったら終わるのか見通しは立たないし、今後さらに高騰する可能性もある。石油の価格高騰は、自動車の燃料だけでなく、暖房用燃料、石油を原料とする製品、さらに運送コストの上昇を通じてすべての価格上昇を招いている。
 ところで、国の税金には、このガソリン税以外にも、消費税、所得税、法人税など、さまざま存在するが、どれも基本的に経済活動と市民生活の活発さによって税収が増減する仕組みになっている。
 昨年後半からの急激な石油価格の高騰と、それに由来する物価の上昇は、企業・個人の経済活動や消費生活に、大きな制約・ブレーキになりつつある。四月からの新年度では、様々な税金からの国家収入にも良くない影響があるだろう。政府としてこんなときは、制約要因を緩和する方向に、政策を誘導すべきではないのだろうか?
 たまたま、3月末には、リッター50数円のガソリン税のうち、暫定分の25円が期限切れになる。多くの国民が、それで経営や生活が些かでも楽になるかと期待している。それなら、石油価格の高騰と、これに対する日本経済の克服策に目途が立つまでの間だけでも、また25円の一部だけでも、国民に返してあげたらどうだろうかと思う次第。

〈道路特定財源について〉
 これまでは本来のガソリン税も暫定分も、合わせて年約6兆円が、道路建設関係に回されてきた。しかし、国も地方も、財政は“火の車”状態。福祉や教育の分野、中小企業対策、また今では日本社会の最大課題である環境関係も、満足な予算を回して貰えなくて、皆、“青息吐息”ではないか。「何で道路だけ10年間で60兆円も予算が約束されちゃうの?」と言う疑問である。一方で確かに、道路建設も国家として大事だし、地元からの要望も強い。だったら、国(中央官庁・国会)でも地方(都道府県・市町村)でも、福祉、教育、中小企業対策、環境などと道路建設を、同じテーブルの上に乗せて、優先順位や力(お金)の入れ具合を決めるようにすれば良い。これが特定財源の“一般財源化”というアイデアである。小泉内閣で一般財源化の基本方針が決まった筈だったけど、現状では、他の分野で使うことが許されるのは道路特定財源総額の数パーセントに留まっている。
 世論も国会も、この問題でかなり熱くなっている。政治家としても個人としても僕は、四月からの国民生活に不安や混乱を与えてはならないということを最優先に考えていきたい。年度末までの限られた期間に、国民の多くの方に受け入れてもらえる解決を図るには、与野党間で冷静に協議して、何らかの妥協が必要になると思う。そして現状を率直に見る限りその方向は、一般財源化の本格導入と暫定分の幾分かの引き下げのミックスではないかと想像している。いずれにしても、与野党それぞれが動員をかけて集会を開き、ハチマキをして「ガンバルぞー!」と気勢を上げてみせても、それで決着の付く問題ではなかろう。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/02/07(木) 10:43:30 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/03/05(水) 11:17:01 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

人権擁護法案=日本人弾圧法

小野次郎先生は「人権擁護法案」という危険極まりない法案についてどのようにお考えですか?この法案の推進派は国民の危惧に真っ向から反論せず、議論をひた隠し、押し通そうとしています。

ご存知と思いますが、国民の思想信条の自由を侵し、あるイデオロギーや特定の価値観で、一方的に国民が裁かれる事になります。また外国人が委員になる事により外国人が司法権を持つことになります。これは重大かつ致命的な内政干渉を引き起こす事になります。

こうした疑問点に全く答えようとせず、憲法違反とも取れる危険な法律をなぜ通そうとするのか?それは「利権」の一言に尽きると思います。

小野次郎先生、どうか日本国民を守って下さい。

  • 2008/03/17(月) 14:28:59 |
  • URL |
  • いき #TDV7hiZ.
  • [ 編集 ]

売国政治家の暴挙を阻止して下さい!

小野先生、メールマガジン「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より以下の
ことを知りました。上記のいき氏も懸念するように非道な法案を通そうとする勢
力が同じ自民党にいるようです!小野先生、どうか我々日本国民の為に売国政治家の
暴挙を阻止して下さい!!保坂議員は知事に転向し山梨3区は安泰かも知れませんが
この法案が万一可決するようなことになったら自民党も先生も見限ります。
それでなくても地方は疲弊し閉息しています。きょうもまた、お店が閉店しました。
国家国益、日本国民を守る為に命をかけてください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日16日午前8時半自民党本部101室で人権問題等調査会が開催されます。
11日の調査会で推進派の反撃が始まりました。9時半大部分の議員が退席し
残り6人になった時、塩崎恭久会長代理・鶴保庸介事務局長が「白紙じゃないか、
という議論はやってはいけない。けして強権的なものはつくらないということを
前提にしながら、先に進むことを前提として進めていくこと、これで宜しいですか。」
と言ったのです。また広島の野中系議員・河合克行議員が鳩山法相に議案提出を
働きかけつつあります。これは強行採決・会長一任→法案提出に向けた地ならしであり、
今回の調査会で採決を強行する可能性が強まっているということです。
今日中に以下の抗議を行い反撃しましょう。

●平成13年度の審議会答申自体が、定義のあいまいな「人権侵害」を強大な権
限を持ち資格の人選に公平性確保の難しい三条委員会をが取り締まる危険なもの
で絶対反対です!

●国民の権利を解放同盟に売り渡すのか?古賀誠氏の強引な「人権擁護法案」提
出をやめさせて!憲法違反の「人権擁護法案」を強行提出しようとしている古賀
誠氏が選対の自民党には投票しない!

  • 2008/04/15(火) 17:12:02 |
  • URL |
  • 新津 #SUtt14uc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/9-7375f8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/09/04(水) 01:03:50 |