小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

皇室を大切にしない政権は「久しからず」(上)

 最近、閣僚として陛下と食事を共にした亀井静香大臣は、お住まいを東京から、京都か(自分の選挙区である)広島に移すことを陛下に進言した上、そのやり取りを報道番組の中で明らかにした。陛下は直接にはお答えにならず、「京都は好きです」との趣旨をお話しされたという。

 これを知って、亀井氏の態度に憤りを覚える国民は多いと思う。国内でご旅行に行かれる先というならともかく、天皇は自分の気に入った街に引っ越す自由がある一般国民とは違う存在である。天皇のお住まい(皇居)をどこに置くかは国のあり方にも関わる重大問題である。そのような問題について、軽々に陛下の意見を求めるかのような会話をすること自体、閣僚として不適切である。そのやり取りを報道番組の中で披露するのは、重ねて不謹慎である。内閣(国務大臣)は、憲法にしたがい皇室をお守りする役目がある筈なのに、その自覚が微塵も感じられない。

 特に、(政府の)遷都と切り離して天皇のお住まいの移転だけを口にするのは、国の象徴として憲法上大きな役割を日夜果たしておられる天皇の存在を軽く考えているとしか思えない。我が国の歴史を顧みれば、鎌倉時代や江戸時代のように政府(政治権力)の所在地が皇居(御所)と別の場所に置かれたときに経験した対立や騒乱の歴史についての見識も疑われる。

 日本国憲法及び日本の歴史の理解について、彼は国務大臣としても国政の政治家としても不適格である。ちなみに、亀井氏の言動をたしなめることも忘れて、「(維新後)『ちょっと行ってくる』と(明治)天皇はおっしゃって、(自分の選挙区である京都から)東京に行ったままになっている」などと番組の中でコメントする谷垣自民党総裁も同じレベルである。政権奪還をめざす野党第一党のリーダーとして、「あまりに軽い!」としか言いようがない。

(『皇室を大切にしない政権は「久しからず」(下)』につづく)

コメント

習近平が陛下に謁見した際の尊大な態度は、国際慣習を知らない支那人らしい尊大な態度であった。21世紀現在の国際慣習では、相互尊重の精神の上、天皇・ローマ法皇・王/女王・共和制国家の国家元首(大統領)等の祭典時の序列ルールを採用しているが、これは無用な混乱を防ぐものであり、国家間の上下序列を表したものではない。
国際慣習なのだ。だからこそ、オバマ大統領が陛下に対して国際慣習に従い深いオジギをしたのだし、ダイアナ妃もタイの王族も国際慣例に従った。国際慣例では我が国天皇陛下は最上位に位置づけられている。そういう国際慣例を守ります、守っていますというのが、お互いためであり、「国際慣例を無視して奇妙なことをしない」という全世界に対してのメッセージなのだ。ところが中共支那の習近平は国際慣例を守っていないのだ。
いかに中共支那が国際社会においてやっかいな存在かがわかる。
国際慣例を無視する習近平の陛下への謁見を強行した民主党・小沢も、国際慣例を理解しないという点では、まったく同じ存在だ。小沢にはリーガルマインドがなく我が国を国際社会から危険視させるバカな行為をする無知蒙昧な売国奴だ。
小沢の優れた点は、国内政局での破壊手腕だけであり、権力与党として当然に持つべき、国家・国民の幸福と安全への責任とか、外交では最悪の売国行為しかできない破壊者なのである

  • 2009/12/31(木) 02:12:36 |
  • URL |
  • 雨畑軍曹 #Q5CjbdH.
  • [ 編集 ]

日本国は世界で最も歴史の古い王家の血脈、【天皇】を国家元首として戴いてきた。
今上天皇は実に 125代目 にあたり、英国王室のエリザベス二世で 38代目、欧州最古といわれるデンマーク王室のマルガレーテ二世でさえ 54代目 である。
遥か神代から続くその万世一系の血筋は地球上に於いて比類なき重みと日本国の永劫の繁栄を象徴し、自国の歴史に対する深い理解と気高い誇りを表している。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4792/senzai.html

第1代神武天皇(前660)から 第125代今上天皇(現在)までの歴代天皇の在位期間をすべて収録
http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/history/tennouTaiin.htm

  • 2009/12/31(木) 02:26:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

自民党時代も安全保障上の観点から皇太子の京都滞在は検討されたので
難しいが、おかしな提案ではない。

  • 2009/12/31(木) 19:38:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そもそも……

維新後に薩摩と長州に東京に連れて行かれなかったら普通に京都にいたからなぁ……、いいんじゃね

  • 2009/12/31(木) 19:54:39 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

亀井の例の発言たが
まあ…何だな、
実際のところさ、
都にお住まいだった天皇を江戸に引っ張り出してきたのは徳川の勢力を中枢から排除するためだからね
汚れ政治に関係ない京都に戻ってもらって安穏に暮らしてもらえばいいと思うよ
ホント、マジで思う
下らねー政治屋共のオモチャにされるのが我慢ならんよ
日本国民として思う
外国の要人が謁見するのも京都に呼び付ければ済む話だからね
京都御所は立派な建物だけど、天皇がいないから維持管理に金が回らず劣化が激しいし、天皇が戻ればきれいになって日本の皇室にふさわしいたたずまいになると思う
国民新党はそのための予算を1兆円ほど都合すべきだな

……つうのが俺の意見

  • 2009/12/31(木) 20:11:32 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

進言の内容だけ見れば正論だと言えないこともない
けど両手で数えられる程度の支持しか得ていない政党の党首ごときが陛下に向かって何を言い出してるんだって話だよ

  • 2009/12/31(木) 20:31:13 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

京都に遷都か…。
歴史ある京都の中心部に新たな政府機関の設置は望ましくないと思うんだが。
奈良も含めて大阪(実際はここが最適)や京都南部、滋賀県なども取り込んだ広域の首都圏、文字通りの「近畿」地方を創出すべきだろうね。静岡県民だが、率直にそう思うよ。
正しい形に戻そう。

  • 2010/01/01(金) 00:16:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/91-aee5687b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)