小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

皇室を大切にしない政権は「久しからず」(下)

 来日した中国国家副主席と天皇との『特例会見』に関し、民主党小沢幹事長の突出した役割がその後の調査報道によって明らかになっている。日ごろの政策運営ならば政府内部のこととしてお任せするしかないが、憲法と皇室に関する問題であるだけに、僕としても考え方を明確にしておきたい。

 まず、天皇は、憲法上の国家機関であるとともに、生身の人間である。ご高齢で日夜ご公務に当たられる陛下のご健康を第一に、無理のない日程を検討するのは内閣自体の責任である。その意味で、議論が「(ご健康重視の)宮内庁対(外交優先の)内閣」という構図になること自体、内閣側の不見識である。

 また、「天皇を政治的に利用してはならない」という原則は、内閣自体とそれ以外の勢力の両方に言えることである。「外交上大事な相手国の政治家だから」という鳩山総理の言い分では、天皇に、緩急・軽重を判断させて外交の一端を担わせる事につながる。それでは、内閣による天皇の政治的利用に他ならない。

 さらに、「陛下ご自身に伺えば、きっとお会いになると言われる筈」などと、内閣に属さない一政治家が、お心を勝手に推し量った内容を公言することは許されない。戦前の軍人や近代以前の相対立する勢力が、天皇のお気持ちを自分らに都合の良いように解釈してその権威を利用し国内を混乱させた歴史を、小沢氏はあらためて学習すべきである

 小沢氏の「宮内庁長官は辞表を出すべきだ」などという発言も不見識である。もし、この件で長官に不手際があったというなら内閣の責任で解任すべきである。その理由がないというなら、逆に、いかに与党幹事長が相手だとしても、内閣は、内閣に属しつつ皇室をお守りする役目を担っている宮内庁長官を擁護する責任がある。言いたい放題の与党幹事長をたしなめることも出来ない内閣では、国民の目には、傀儡政権だとしか映らない。

 古来、皇室を大切にしない政治家ほど、皇室の権威を政治的に利用しようとする。不見識な政治家の横暴を止めさせることを思うにつけ、何としても自分が早く国政の場に復帰することを決意する。小野次郎の新たな挑戦にご期待いただきたい。

コメント

米国と対等な外交関係どころか、中国に対しても無条件降伏とは・・・。
正直な話、大国との外交姿勢で言えば気骨がある分、北朝鮮や韓国の方がはるかにマシに思えてきた。
小沢は無血開城する気だ。
ただし、中国人相手では開城の後は血の一滴まで枯れ果てる。
日本は奴隷商人に奴隷を狩る奴らに政治の主導権を与えた。

  • 2009/12/31(木) 11:13:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

新聞報道に際し

拝啓 小野次郎様
関係のない記事にコメントを残すことをお許しください。

はじめまして。私は山梨三区に居住する者です。
はじめてブログを拝見させて頂きます。
唐突ではありますが、先ごろ新聞報道を通し伝え聞くところには、先生の自民党離党のお考えが報じられておりましたが、これは事実と捉えて宜しいのでしょうか。

先の衆院選の折、先生の街頭演説に拝聴する機会に恵まれ、国政と国民に対する力強く熱い想いを伺い、また、講演会におかれましては国政に対する意気込みと共に、小泉元首相のお話や、小沢現民主党幹事長のお話などを伺い、先生の人物を見る目と鋭い批判展開を拝見できたことで、例え衆院選で自民党が敗北しようとも、いつか必ずや復活を遂げ、日本という国と国民たちを導いてくれるだろうと胸を打たれ、小野次郎先生を、自民党を、自民党の小野次郎先生の支持を表明させていただくために一票を預けようと決意致しました。

しかし今、先の新聞報道が事実であるのならば、先生の行動は沈みゆく船を見捨てる船員のようにしか映りません。舵を捨て、帆を破り、乗客という名の国民と県民を見捨て、我先に逃げ出そうとする有様そのものです。

今後、先生がどのようなお考えのもと進退をお決めになられるのかは存じかねますが、その如何によっては、先生への支持そのものを撤回し、大変心苦しいことですが、私めの一票が本当に無駄になってしまったことを嘆かざるを得ません。
ですがそれが先生の信じた道ならば、国と国民、そして山梨県民を想って故ならば、致し方の無いことと存じ上げます。

最後になりましたが、先生のご健勝をお祈り申し上げます。敬具

  • 2010/01/08(金) 20:09:39 |
  • URL |
  • 山梨三区 #TO1q2Tk.
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/01/10(日) 19:08:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/92-93bd9707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)