小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

役所が判断を改めるとき・・

20年以上前、初めて課長になったのは新設の課だった。課長引き継ぎという形式的なものは無く、前の課の中で新設課に配置換えになる課員が銘々手持ち案件を持ち寄る形で新業務が始まった。
直ぐに、過去に一部マスコミから提起された問題への対応に疑問が残ることに気がついた。
新タイプのモデルガンが、発売当初から、"オモチャ"の域を超えて殺傷能力を持つ"銃砲類"に当たるという指摘だった。
警察の研究所での鑑定の結果、「殺傷能力無し」という判断となり、"オモチャ"を所管する経産省側もこれを受け入れた。国会でもそんな答弁がなされていた。
ところが、後になって、改造して破壊力を強化した非純正の威力強化弾がアメ横で売られているという報告が上がって来た。この非純正の改造弾丸を研究所で試してみたら、標的射撃が可能であることが分かった。
私は最初から秘密を作りたくなかったので、直ちに記者会見を開いて"オモチャ"としての認定を訂正して所持に許可が必要な"銃砲"という認識を世間に明らかにしようと考えた。
だが、マニアに人気の新モデルは既に何百丁も売られており、当然ながら経産省側も冷たい反応だった。これまでの甘い判断を改める会見は、マスコミから叩かれるだろうし、野党側から国会で突っ込まれる心配もあった。
蒸し返しを煙たがる関係方面をようやく説き伏せ、最後は局長に会見実施の決裁を求めた。日頃優しく丁寧な上司も、「一件処理済みの問題を蒸し返すな」とえらく機嫌が悪く決裁を頂けなかった。
若い私は、悔しさのあまり「上司の指示には従いますが、その旨は決裁書類に付記して将来に残します。」と捨てゼリフを残して局長室を出た。タバコを一服して自席に戻った私に局長から電話がかかって来た。「人の安全に関わることだから、君の考え通り会見を開いて結構です。ただし、マスコミからこれまでの対応について詰められても前任者たちを安易に批判しないでやって下さい。」という言葉だった。
会見はこれまでの判断の甘さを事実上訂正する内容となったが、問題を特集で取り上げたTV局やアカハタも含めて全社こちらの真摯な姿勢を好意的に扱ってくれた。あの局長はその後も尊敬できる大先輩としてお付き合いさせて貰っている。また、当該モデルガン(改め改造銃)の回収は一向に進まなかったが、非純正の威力強化弾も以後出回らなくなっている。
一旦、組織で固めた処理方針を改めさせることは、誰か変わり者がよほど意を決した行動に出ないと難しい。
それでも、今日に至るまでこの改造銃による重大殺傷事故のニュースが出ないことは私にとって細やかな満足となっている。                                                     (3月15日)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/927-a7dad5bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)