小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

検挙しなかった自慢話

私が警察出身だと知る人は、決まって「凶悪犯人の逮捕とか難事件を解決したとか...小野さんの警察時代で一つくらい自慢したい話はないの?」と尋ねてくる。大きな事件は大人数態勢で取り組むものだから、個人の手柄なんて滅多にあるものじゃない。黙っているのも悔しいが、捜査の難しさを語るのも興ざめだ。
だから、「犯人検挙の自慢話はないけど、犯人を検挙しなかった有名な事件はあるよ」と切り返してやる。この珍回答に「エ、エッ、どういう意味?!」とまわりの人まで振り返る。
1990年か91年に篠山紀信さんが樋口可南子さんをモデルにヘアヌード写真集を出版した事があった。警視庁の風紀取締部門ではこの事件を検挙すべきか否か何度か議論になった。当時、フランス大使館勤務から戻って間がない私は主管部門の総務課長だった。ムーラン・ルージュやリドのヌードショーが懐かしかったし、夏の地中海でヌーディスト海岸を覗き見た経験も思い出した。ヨーロッパではヌーディストとは呼ばずにナチュリスト(自然派)と呼んでいる。
「生まれたままの姿を見せただけで検挙されるなんて可笑しいですよ。」と、会議で話題になるたびに食い下がった。
「警察は都民から自然に拍手が沸くような事件を検挙した方が良い」と、検挙にハヤる現場部門を諭した。心の中では、昭和から平成へと変わり社会も警察も変わらなければ、と感じていた。
部内の会議メンバーにも「綺麗ですね」と評する方が出て、事件検挙の熱は何となく挫かれた。いつの間にか、単なるヌードは謙虚に値しないというムードになっていた。
何も特に手を下したわけではないが、結果的に日本の「ヘアヌード解禁」に貢献することになった。
それから何年かして鹿児島県警本部長を務めたとき、奄美地方の墓石の形に興味を持った。一部は本土南端の指宿あたりにも見られる。墓のまわりに親族相和して法事の代わりに大宴会を開くというのは面白い。
代表的な墓石は、墓石が左右に拡がって並び真ん中に室のような部分がある。島の古老は「あれは女性性器を模している」と説明してくれた。墓石の形は、「生命誕生の元」であり、「死んで母胎に還る」という意味に受け取った。
さらに、全国の海岸地域には、昔から漁に出る前には女陰に向かって航海の無事を祈る習慣があると言う。
だから、『日本では男根にはおおらかだが女陰には厳しい』という風説にも何かウラがありそうである。「農耕や航海、さらに平和」に結びつく女陰に対して、男根は「武士道と戦さ」のシンボルだったのではないか?武士道や戦さを賛美する近代日本の風潮に煽られて先の男尊女卑とも受け取られる風説が拡散したのではないか。そうだとすれば、決して日本古来の美意識や道徳観ではないと私は思っている。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/933-3fdc001c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)