小野次郎 公式ブログ『ジローのおしゃべりサロン』

霞が関、総理官邸&永田町のすべてに精通する小野次郎のつぶやきとため息

『勇みて我は行かん』

0111-1.jpg

 昨日(1月9日)、地元で後援会の役員や親せきの方々にお集まりいただき、「新春・語る集い」を開催した。

 席上、選挙での敗北以来自分の置かれた状況を率直に説明した上で、離党する決意を報告した。約120名の出席者からは、自民党にこだわって「離党」に反対する意見は出ず、一時間半に及ぶ意見交換を経て、離党は拍手で了承された。ただ、これまで熱心に支援してくれた方の中から、「無所属のままで国政復帰を果たすことは困難だから、一日も早く、新たに所属する政党とめざす選挙を決めるべきだ」との付帯意見が出され、賛同も多かった。

 僕は、これからも、地元山梨に本拠地を置いて国政復帰をめざす。無所属になった後の事は「白紙」だが、自分を評価し活躍を期待してくれる政党を出来るだけ早く見つけ出す。その際にも、地元との結びつきを大切にしていきたい。
もう一つ、自分の政治理念に近く、自然体で発言や行動をすることが出来る「居場所」を見つけたい。

 2005年、僕は、自民党を真の「国民政党」「改革政党」に生まれ変わらせることを夢見て、脇目も振らず自民党に飛び込んだ。今回、選挙区支部長(次期公認予定者)に再任されないことが離党を考える直接の動機となったが、振り返って見れば、小泉内閣退陣(2006年)後の党内の状況は、自分の政治スタイルからみて、次第に窮屈になってきたことも事実である。党本部や県連から僕に対して大した期待がないのであれば、この際潔く自民党という「枠組み」から離脱して自分を見つめ直したい。連休明けの12日には、党本部に赴き、正式に離党届を出すつもりだ。

 「夢は実り難く、敵はあまたなりとも、悲しみを胸に秘めて、勇みて我は行かん」
  (ラ・マンチャの男より。)


小野次郎さんが人気ブログランキングに参加中!
ここをクリックしてみんなで応援しよう!⇒
人気ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/01/10(日) 16:19:32 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

ついに。


重大な決心、悩み抜かれた結果として承りました。
自民党の与党ボケはやはり絶望的です。もう時計の針を戻す気はありません。
しかし一方、政権を取った民主党も、労組色が鼻に付いてなりません。
自民党とは又違う国民とのズレを感じます。

政治を国民の手に戻すため政界再編は続きます。
まだまだ流動的でありますが、先生のまっとうなやり方を受け止めてくれる器(政党)を探して下さい。
いつも応援しています。

  • 2010/01/10(日) 16:45:52 |
  • URL |
  • 勇次郎 #-
  • [ 編集 ]

山梨在住です。今日某レストランにて偶然にも小野さんにお目に掛かる事ができました。私は子供と一緒でしたが、小野さんはにこやかに私達に握手をして下さいました。お人柄の良さと地元を本当に大切にしてくれている方なんだなぁ…と、感じる物がありました。
これからも地元を拠点に信念を貫き頑張って下さい。応援しています!

  • 2010/01/10(日) 19:25:15 |
  • URL |
  • 山梨人 #-
  • [ 編集 ]

俺は小野さんを応援するぜ

  • 2010/01/11(月) 01:24:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

例え今は行き詰まっていても、それでも自由民主党を支持する私みたいな者は多いと思います

  • 2010/01/11(月) 06:45:46 |
  • URL |
  • 保守本流 #-
  • [ 編集 ]

もうね、
やるっきゃ無いっしょ
ジローちゃん頑張れ

  • 2010/01/11(月) 16:48:21 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

上申書 ではないですが

 みんなの党で、あるいは参院でも良いと思います。朝令暮改で申し訳ないが、場合により参院若しくは解散が数ヵ月後になる可能性もありますので衆院選でも適宜御出馬されることがベストかと思います。
 自民でも民主でもない第三の勢力が今後の100年の日本を築くという可能性が無視できない情勢ですね。
 いずれにしても必勝をお祈り申し上げます。 明

小野さんには是が非とも国政の場に復帰して欲しい

  • 2010/01/11(月) 22:11:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

とても残念な事ですが、小野次郎さんのは判断は間違っていないと思います。
その温厚な人柄がお顔に、にじみ出ていて信頼の出来る小野さんは大好きな政治家の一人でした。落選された事が信じられませんでした。

小野さんが「変わったのは僕ではなく自民党だ」と仰ったのはその通りです。
政治学者 菅原琢著の「世論の曲解・何故自民党は大敗したか」の中にまさに、小野さんの思いと同じ事が書かれております。
是非、一読されてみては如何でしょうか?
これから大変な試練に立ち向かっていかなければならないでしょうが、負けずに頑張って下さい。
選挙区でないのが残念です。
自民党は今、窮地に立たされているので私は応援はして行くつもりです。
何時か、また自民党と一緒になれる日が来る事を願っております。

  • 2010/01/13(水) 15:57:36 |
  • URL |
  • 奈菜 #-
  • [ 編集 ]

うら応援するらに次は絶対に勝ってくりょ

  • 2010/01/14(木) 06:37:51 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/01/15(金) 11:28:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

日本の未来にとってターニングポイントだよね

  • 2010/01/22(金) 23:26:02 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ファイト━━━!

ジローさんのブログ更新を待ってますよ!
もっと色んな意見や心情を聞かせて下さい!
ジローさん頑張れ!
支持者はジローさんの行動を見守ってますよ!

  • 2010/01/27(水) 04:16:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

さっき夕方のニュースで渡辺党首と会談した様子を見たどぉ━━━!
ジローさん、凄くイイ表情してたどぉ━!

  • 2010/01/28(木) 18:46:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogonojiro.blog22.fc2.com/tb.php/94-ed8864e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)